見出し画像

気仙沼漁師カレンダー2021

2019年の一年間、気仙沼を訪れて写真を撮っていた。気仙沼の漁師さんを撮影して2021年のカレンダーにしましょうというお仕事だ。

いまだからいえることだけど。このお誘いをうけたときに、断ろうかとおもっていた。体調に不安があるとか、もっともらしい仮病はいくらでも使える。

断ろうとした本当の理由は、これまでに撮影されてきた気仙沼漁師カレンダーの質の高さにビビったからだ。実力があり、著名で評価の高い写真家がこれまで撮影をしている。もういやになるほど、レベルが高いのだ。

写真業界の紅白歌合戦のような流れに自分が加わる自信がなく、2021年だけ質が低くなってしまったら、鰹やフカヒレに申し訳ないなぁという気持ちにもなった。

それでも断らずに撮影したのは、自分の写真がどれぐらい通用するのか試してみたいという、男の子な部分があったからだとおもう。そして漁船からの景色をみてみたかったのだ。

自信はないけど自我と好奇心だけはあって、フカがヒレでそっとぼくの背中を押してくれた。

あどけない表情の坊主頭の彼はこれから一年間日本に帰ってこない。

日本に帰ってこれないどころか、一年間に数回ほどしか上陸もできないらしい。
髪の毛は前日に丸刈りにしたそうだ。とても過酷だ、ぼくならきっと耐えられない。信用金庫に勤めていた彼が仕事を辞め、これからマグロ漁船に乗船をする。

「なんで漁船に乗るの?」とおもわず質問をしてしまった。世の中には仕事なんて他にもたくさんある、少子高齢化でどこの業界も若い人材は人出不足だ、いまは仕事を選べる時代になっている。

それでいてマグロ漁船に一年間のれば新人でも一千万円もらえていたという時代でもない。

「やりたい仕事だからです」迷いのない言葉で彼は答えてくれた。きっと耳のタコが水揚げされるぐらい何度もおなじ質問をされていのだろう。そしてきっと周囲の人から反対もされただろう。

仕事を選べる時代だからこそ、彼は漁師を目指している。質問したことが恥ずかしくなるぐらい、とても純粋な動機と目だった。それでも緊張で表情は強張っている。ベテランの先輩漁師と、屈強なインドネシア人の漁師に囲まれ、船の新人は彼一人だけのようだ。

一昔前は借金返済ためにマグロ漁船にのる人が実際にいたそうだ。現在は日本で働く東南アジアの外国人漁師の存在によって人件費を抑えることができるうえに、彼らは漁業に必要な技術まで有している。

そういった背景があるので新人の若い日本人が高給ということはない。外国人漁師で人出不足を解消することができても、彼らはいつか帰国をする。漁師になってくれる日本人の後継者が不足しているのが厳しい現実だ。

彼の緊張と厳しい現実とは裏腹に港では盛大に出船式を祝っている。缶コーヒーや缶ビールなどが次々と持ち込まれ、彼はまわりに一歩遅れながらも落とさないようにしっかりと持ち、船内に運んでいる。

陸上でたった5日間の研修しか受けていないのだ、なにをするにも一歩も二歩も遅れをとっている。そんな彼をインドネシア人の船員たちがフォローする、きっと言葉が通じなくともなんとなくわかるのだろう。

インドネシア人漁師たちに新人の彼を中心に囲んで写真を撮ってくれとお願いされた。ぼくも言葉はわからないけどたぶんそうお願いされた。緊張がすこしほどけたのか、写真にはあどけない笑顔の彼がいる。

彼のような若者の存在が10年後の日本の漁業を支えるのだろう。漁師になりたくて漁船にのるのだ。10年や20年後にとても質の高い漁師になるのではないだろうか。

一年後に気仙沼に帰ってきたとき、このカレンダーを手にとって彼はなにを感じるのだろう。出船式のことや、髪を丸めた前日のことをおもいだしたり、恥ずかしかったり、大変だったことをおもいだしたり、きっといろんな感情が溢れてくるだろう。それが一年間で成長をした証なんだとおもう。

漁師さんの休日の過ごしかたや人柄を知りたかった。まことに勝手なイメージだけどお酒をのんでいるか、ギャンブルに興じているような印象がぼくにはある。

パチンコ店に並んだり酔っぱらった漁師さんを撮影すれば、それは職業が漁師のギャンブラーや酔っ払いの写真になってしまう。イメージ的にあまり健全ではない。

そこで釣りが趣味という漁師さんを撮影することになった。それはそれでプロ野球選手が休日に草野球に参加するようなもので、釣りバカ的なものを感じなくもない。

漁師さんと海に一緒にいくと、使い込まれた釣竿に反して扱いが不慣れだ。「釣りなんかしたことねーもん」と漁師さんがいいはなった。どうやら前日に友人の漁師さんから釣竿をかりたそうだ。

前日に獲れた息のたえた魚に針をつけて、釣りをしているイメージの演技までしてくれた。つまりヤラセだ。どうせやるなら釣竿をつかう漁師さんのほうが演技が巧いのではないだろうか。

「なんで撮影を断らなかったんですか?」と漁師さんに聞いてみた。どう考えても普通は断る。「だって、お前らがなんかいろいろ頑張ってるから、助けてやりたかったんだよ。」と答えてくれた。おもいもよらず漁師さんの人柄を知ることができた。

漁船にのってたくさんのことを知った。マンボウの肌はサメみたいにザラザラしていて、トビウオの羽は透明で光のかげんで虹色になる。イカは生きたまま食べるのがいちばん美味しいことを知り、魚をさわった手でカメラをさわるとカメラが生臭くなることも知った。

写真というは、その場所にいかなければ撮ることはできない。漁船にのってみた景色は素晴らしく貴重で、大切なおもいでになった。知らない世界を知ることはたのしい、これは人生の醍醐味だとおもう。知らない世界を体感できると、もっとたのしい。そこに感動がある。

これをいまだからいえるのは、いい結果を残せたと自信をもっているからだとおもう。

↑こちらから注文できます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされた資金で新しい経験をして、それをまたみなさまに共有したいと考えています。

1058
写真家、元狩猟家、血液がん患者。 お仕事のご相談はこちらに hatanohiroshi0301@gmail.com

こちらでもピックアップされています

バズり記事
バズり記事
  • 2141本

全ユーザの200スキ以上ついた記事を毎週月曜日に追加

コメント (5)
坊主頭の彼の目、グッときます。
写真展よかったです。
久しぶりに広い景色を見て、気持ちがよかったです。
鳥たちは、なんであんなに船のそばを通り過ぎて行ったんだろう。圧巻の写真でした。
私は女性ですが、今回の件、貴方に非はないと思います。DV被害者女性のふりをしてDV被害者女性をDVするサイコパス女性というのは結構存在してそれは被害者女性の最大の敵であり人類の敵です。幡野広志さんを虐めるだけでは「被害者女性のふりをしながらDV被害者女性をDVするサイコパス女性」を見破る術を広め告発し被害者を守れる社会は作れない、と私は思います。まあ、その二つは紛らわしいので慎重に見破る必要はありますが。応援してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。