03に続きます

アングルのシークエンス:曜日ピボット®#02

#01の続きです

金曜日(昼)(夜)

金曜日は第1アングルに金星が位置します。
昼の金曜日は日出から始まり、夜の金曜日は(月曜日の)日入から始まります。
始まりの位置を第1アングルとし、昼夜が鏡合わせの関係になります。
カルデア配列では、どちらも金星を中心に展開されます。

金曜日(昼)(夜)の第1アングル

PH(プラネタリー・アワー)表の青い数字に従って、第1アングルは、金星→太陽→火星

もっとみる
*:.。☆..。ヾ(‥ºั▽ºั‥ )/ヒャッハー。:.゚.:。+゚