金澤流都

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 最終回『アラサー女が将棋始めてはや3年』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

 この趣味のエッセイを書く前に、「アラサー女が将棋始めてみた」というのを連載していたが、最終回となる今回は、それからあとの将棋の事情はどうなっているかという話がしたい。

「アラサー女が将棋始めてみた」がどういうエッセイだったか

もっとみる
なんとっ!
7

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第9回『ドールさん』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

 今回は、わたしの趣味でいちばんお金のかかっている趣味である、ドールさんの話をしようと思う。「ドール」に「さん」をつけてしまうのは、なんというかモノ扱いするのが嫌だからだ。

 ことの始まりは中学生時代にさかのぼる。どうにも中学

もっとみる
−※#'〓%☓▲❏♥!!
6

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第8回『大なる何も見当たらず 犬のみひどくデカかりき』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

 前回、秋田犬会館を訪れ、裕次郎号という名前の濃い犬や博物室のあれこれを書いた。今回はその続きである。
 世界的に知られている秋田犬の話と言えば、やはりハチ公のエピソードだと思う。映画になったりハリウッド版が作られたりしているし

もっとみる
あざます!
4

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第7回『ゼロから始める秋田犬生活』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

第7回『ゼロから始める秋田犬生活』

 わたしは家でねこと暮らしているわけだが、実際のところ犬も大好きな人間である。
 どれくらい犬が好きかというと、糸井重里のほぼ日が出した「ドコノコ」という犬やねこの画像を投稿するSNSアプリ

もっとみる
あざます!
5

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第6回『この石みたいなやつに祝福を!』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

第6回『この石みたいなやつに祝福を!』

 わたしは基本的に植物というものが好きなのだが、特に好きなものは、やはり可愛い花の咲くものである。花は植物の命の顕現である、見ているだけでうれしくなる。
 多肉植物やサボテンは花が咲いて

もっとみる
あざます!
7

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第5回『サボテンサマー』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

第5回『サボテンサマー』

「原初の太陽」というものを見たことがある。それは「帝玉」という多肉植物の花だ。
 ことの始まりは2013年の3月にさかのぼる。図書館員の母が、多肉植物の写真集を図書館から借りてきたのである。それを見て

もっとみる
あざます!
5

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第4回『ネコと和解せよ』

テキスト:金澤流都 https://twitter.com/Ruth_Kanezawa
イラスト:真藤ハル https://twitter.com/shindo_hal

第4回 『ネコと和解せよ』

 趣味、というのとはまた違う気がするが、今回はうちのねこの話をしたいと思う。漢字で「猫」でなく、ひらがなで「ねこ」なのは、字面がかわいいからである。それにうちのねこは、漢字で「猫」と書くようなしゃち

もっとみる
−※#'〓%☓▲❏♥!!
10

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第2回

第2回 『ノゲノラ』

 わたしはゲームが好きである。下手の横好きだが、ゲームが好きである。

 わたしが生まれて初めて遊んだゲームは、ゲームボーイの「ポケモン赤」である。友達が持っていたその未知のおもちゃに強く惹かれ、小学一年生のときにゲームボーイポケットを買ってもらってポケモン赤を始めた。それはまさに未知との遭遇であった。学校が終わって帰ってくると、宿題なんかほっぽり出してゲームボーイにかじり

もっとみる
なんとっ!
6

自分の趣味をラノベ風に書いてみたら 第1回

第1回 『Re:高1=ドロップアウト』

 わたしが高校をやめたのは二回目の一年生の夏だった。

 そもそもわたしには学校というものが向いていなかったらしく、小学六年生のときに遅刻魔になり、朝の会が終わるくらいに登校するようになった。よく学校で先生に「おそよう」と言われていたのを思い出す。

 中学校に上がった当初は、先生に恵まれ、また部活の楽しかった一年生二年生のころは、「勉強すればテストの点が

もっとみる
−※#'〓%☓▲❏♥!!
14