00:00 | 00:30

今回は関税を削減する4つのステップの最終回。ステップ4「原産地証明書を作成する」です!!
EPAやFTAを締結している国との取引であり、かつHSコードも特定して確認したところ、FTAやEPAを活用すれば通常の関税率より低くなる事がステップ1〜3で把握できたとしても、それだけでは関税は下がりません。輸出国側で原産地証明書を作成、発行し、輸入通関時に各国当局に提示しなければなりません。

関税を削減する4つのステップのステップ3「HSコードの輸入国における関税率を調べる」です!
例えば、輸入国が日本であれば、ステップ2でお話した通関のHPの実行関税率表(https://www.customs.go.jp/tariff/)にてEPA(FTA)を結んでいる国毎に率が記載されているので、そちらで確認できます。ほとんどの国がWTOに加盟しておりますので「WTO協定」の列の関税率が通常の関税

もっとみる

関税を削減する4つのステップのステップ2は、「取引のある商品や材料のHSコードを調べる」です。なぜなら、FTAやEPAはHSコード毎に適用する関税率を設定しているからです。従いまして、貴社で輸入している商品や材料のHSコードを把握する必要があります。

お取引のあるHSコードを調べる場合、日本の税関が出している実行関税率表(https://www.customs.go.jp/tariff/)があり

もっとみる
00:00 | 00:30

関税を削減する4つのステップの1つ目です!

「ステップ1 FTAやEPAが活用できるか」
まず、お調べいただきたいことは、貴社が海外とお取り引き上がる場合、「FTAやEPAが活用できるか」です。 日本は、2019年2月時点でFTAやEPAの発効済・署名済は18あり、締結国は以下です。

シンガポール,メキシコ,マレーシア,チリ,タイ,インドネシア,ブルネイ,ASEAN全体,フィリピン,スイス,

もっとみる

関税は削減できます!

Tariff Labo (タリフタボ)

00:00 | 00:30

あなたの会社では、関税を毎年いくら支払っているか把握していらっしゃいますか?結論から申し上げますと、実は、かなりの確率で関税は減らす事が出来ます!!

Q. 特恵関税等【ZKM86】

■Question.

経済上の連携に関する日本国政府とマレーシア政府との間の協定において関税の譲許が定められている物品であって、マレーシアを原産地とするものについては、当該物品の当該協定に基づく関税率が関税暫定措置法第8条の2に規定する特恵関税に基づく関税率を超える場合を除き、当該特恵関税の便益を与えないものとされている。

■Choice.

1.○

2.×

■Related questi

もっとみる

[いまさら聞けない]米中貿易摩擦!わかりやすく解説!②

この記事は、最近よく聞くけど、米中貿易摩擦ってなに?って人向けです!

下の記事の続きです!

目次

1、 米中貿易摩擦って何? 〜概要と原因〜
2、 アメリカが関税をかけ始めた目的
3、 日本への影響
4、 これからどうなるか

3、日本への影響

日本への影響としては、2つあると考えています。

① 日本へのとばっちり
② 間接的な日本経済への影響

① 日本へのとばっちり

今は、中国だけ

もっとみる

[いまさら聞けない]米中貿易摩擦!わかりやすく解説!①

この記事は、最近よく聞くけど、米中貿易摩擦ってなに?って人向けです!

目次

1、 米中貿易摩擦って何? 〜概要と原因〜
2、 アメリカが関税をかけ始めた目的
3、 日本への影響
4、 これからどうなるか

長くなってしまったので、2つに分けてお送りします。今回は、1と2のみとなります!

1、 米中貿易摩擦って何? 〜概要と原因〜

 端的に言うと、アメリカが今、貿易において赤字で、この赤字に

もっとみる

Q. 特恵関税等 【ZKM85】

■Question.

特恵原産地証明書は、税関長の承認を受けた場合を除き、その証明に係る物品についての輸入申告の日において、その発給の日から6月以上を経過したものであってはならない。

■Choice.

1.○

2.×

■Related question.

#特恵関税等正誤 #原産地証明書の有効期間正誤

Q. 特恵関税等【ZOU18】

■Question.

税関長は、輸入申告がされた貨物について、関税についての便益を適用する場合において、当該貨物が特恵受益国等を原産地とする物品(以下この項において「特恵受益国等原産品」という。)であるかどうかの確認をするために必要があるときは、次に掲げる方法によりその確認をすることができる。

1. 当該貨物を輸入する者に対し、当該貨物が特恵受益国等原産品であることを明らかにする資料の提供を求

もっとみる