浮世絵がもうすぐ増えるよ

『教養としてのお金とアート』から考えるグレパーの"公共性"

『教養としてのお金とアート』から考えるグレパーの"公共性"

「連休中、予想以上のお客さんの数で、コーヒー豆が足りません!」と連絡を受け、明日、急遽グレパーにコーヒー豆を運ぶことになった小林拓一郎です。 #UberTAKU #ウバタクさんとお呼び 今日は今読んでいる本「教養としてのお金とアート」をご紹介したいと思います。 「お金」と「アート」って、学生時代に一番教えてもらえなかった2大巨頭。 僕らが生きていく中で、一番否が応でも向き合わなきゃいけないものが「お金」というものであって、 そして、実は、ここ最近のビジネス界では、「

スキ
4