文藝春秋2015年1月号

【グリコ・森永事件】キツネ目の男vs.7人の刑事

【グリコ・森永事件】キツネ目の男vs.7人の刑事

昭和最大の未解決事件のひとつ、「グリコ・森永事件」を題材にした映画『罪の声』が10月30日から公開中だ。1984年3月から1年5カ月にわたり、「かい人21面相」を名乗るグループが食品企業を次々と脅し、事件史上、類を見ない「劇場型犯罪」に日本列島は震撼した。藤原健氏(スポーツニッポン新聞社常務取締役を勇退)は当時、毎日新聞大阪府警捜査一課担当キャップとして事件を取材した。(出典:「文藝春秋」2015年1月号) ◆ ◆ ◆ 「現金10億円と金塊100キロを用意しろ」――江崎グ

13