26歳女子が考えた「まちの終活」とは。

26歳女子が考えた「まちの終活」とは。

こんにちは。佐藤春華と言います。
友達からは「はるお」と呼ばれています。
秋田県出身の26歳です。

医学部の看護のコースに進学して看護師になった私ですが、大学時代には地域活性化に関する事業にも興味がありました。
そして今、地域の中で活躍する看護師になろうと、縁あって現在は京都府・綾部市というところで「コミュニティナース」という仕事をしています。


▶︎コミュニティナースとは?

病院や施設ではなく、地域の中で、住民とパートナーシップを築きながら地域の健康増進を図る、いわば「新種の看護師」です。

そんなわたしは今、「まちの終活」なる事業を思いつき、実際に運用できないかと、日々模索しています。


▶︎「まちの終活」とは?

近年、様々な地域で急速な勢いで進む人口減少・地方の過疎化。これらの地域に関して、これまでは「維持困難な地域をどのように活性化するか」といった話題が多くありました。
しかし、地域のマンパワー不足による疲弊の声が頻繁に耳にされるいま、「地域活性化」ありきではなく、住民自らが地域の現状に向き合い、地域を計画的に閉じることも視野に入れた活動展開って・・・

どこかにありますか?

この続きをみるには

この続き: 4,262文字 / 画像10枚

26歳女子が考えた「まちの終活」とは。

佐藤春華(はるお)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ?!なんと!わたしもです!!!
まちの終活するNPO法人「ムラツムギ」/餃子研究家/サプライズの何でも屋▶︎カウンセリング絶賛受付中です!https://coconala.com/services/1851616 Akita(〜'14)→Tokyo→(〜'16)→Kyoto(〜'19)→Tokyo(’20〜)