見出し画像

奇妙な果実(アナル)たち

何度もお話ししていることなんですが、
私に質問される方、全員が全員この記事を読んでいるわけではないし、
むしろ読んでも理解してくれていないというケースもあるので、
これはもう、何度でも同じことを説明したほうがいいのだろうなと思い、
またこうして改めて記事します。

私が一時期、この業界から離れていた時期に、
オスガズムという作品に監修で参加させてもらいました。
その時に一時的に以前の店に在籍していたわけなのですが、
当然、そこのキャストに教えてやってほしいと言われ、
スキルを2度ほどずつ教えました。

そこで教えたのは、直腸内の精嚢へのアプローチと、前立腺の刺激でした。
これが2013年です。

その後、2016年に独立して現在のTABOUと後のAZOTHを立ち上げたとき、
兼ねてから精囊へのアプローチに疑問と不安を感じていた私は、
これを機にその技術を完全に破棄しました。


まったく新しい方法で直腸を開発する方法を編み出していました。
これが現在のTABOUの技術、第一段階です。
その際、それまでスキルをお教えした方々には、
上記のようなことになりましたので、スキルを更新する方はぜひ申し出てくださいと連絡しました。

その時に連絡くださった方にだけ、
TABOUと同じ技術をお教えしました。

その時「この先は自分で頑張ります」と連絡くださったのは、名古屋で活躍される女王様たちでした。
なので、私はこの時点から一切関わっておりません。

そしてそこから時は流れ、
2017年頃からでしょうか?
奇妙なお客様がTABOUを訪れるようになりました。

某店で開発をお願いしていたのですが、
本当にちゃんとイけているのか不安なので確認したい。

ということでした。
対応したキャストたちが施術してみると、
まったく開発ができていない状態だったそうです。

しかしお客様はなぜか喘いでいるのです。
感じているときに出るアノ声を出しているのです。

これは実に奇妙です。

体は無反応、なのに喘ぎ声を出している。
こういう方が決まって「SM店で開発をしてもらった」というのです。

そこでどんなセッションが展開されているのかを、
じっくり聞かなくてはならなくなりました。
そうしたら……
「喘ぎ声を出せば、そのうち本当に感じてくる」と言われたそうです。


はっ?!


しかも担当したSM嬢たちは、
しきりに「イけ!イけ!イけ!」と言葉で煽っていたそうで、
体はまったく感じていないお客様たちは……


仕方がないので、イく演技をした。


はっ?!


女性がSEX中にイく演技をするというのは、よく聞く話です。
その気もないのに相手をしなくてはならない時や、
さっさと終わってほしい時などに、この方法を使います。
しかし終わってみればなんと虚しく、つまらない時間だったかとしきりに後悔するのです。

なんでそんな虚しい想いを、男性にまでさせなくてはならないのか?!

悲しくなりました。
私はアナルでイけるということは、ひとつの武器を手に入れたも同然で、
その後の性生活がグローバルになることを、
暑苦しく語ってきました。

20年も!!!

きちんとしたサイクルを作り、
やりすぎないように気をつけてさえいれば、
アナルは死ぬまで使えるツールです。
つまり死ぬまで快楽を得られる最後の武器なんです。

それなのに、イく演技なんてしてしまっては、
本末転倒じゃないですか……。
私は悲しい。


私は兼ねてから、
SMとアナルは別に考えるべきと主張しており、
アナル開発をSMプレーの一環として行うのは止めたほうがいいと思っています。
何故なら、アナル開発は、しっかりと余裕を持った時間を作り、
じっくりと自分の身体の反応を確認しながら行う作業なので、
多方面に刺激があるSMプレーには組み込まないほうがいいのです。

たとえ、M気質であってもです。

まずはしっかりと自分の身体がイくとはどういうことかを覚え、
心が「もっと」を欲しがるようになってから、
SMでもN.H.でも遊んで頂ければと思います。
そうすれば、素晴らしいセッションを味わうことができるでしょう。

そのほうが相手のパートナーさんだって、
過敏に反応し、快楽に翻弄されるあなたを、さぞ面白がってくれるでしょう。
誰だって反応がいい人が楽しいのですから。
特に風俗嬢はね。

なので、ここでお願いしたいことがあります。
2016年より前に、
私からアナル開発のスキルを学び、
かつそこから更新していない方、
もう私の名前を語らないでいただきたい。


それと当時の私のセッションスタイルを、
いまだに得意げにお客様に噂している風俗嬢たちも同様です。
あなたが知っているのは、昔の私です。
現在ではないのです。
今とはやり方そもそも、考え方そもそもが全く違います。

というか、
何年も会っていない人の噂してどうする!!!

本当に迷惑です。
どうも文化人になってから余計に昔のことを穿り返してくる人も多く、
そんなカビの生えた話を今するの?!と驚愕しています。

まあ、私の話はいいですw
それよりアナル開発の話!

きちんと開発してください。
そしてイける体になったと誰かに言われたら、
必ずその人とは全く違うやり方をする別な人に確認してもらうことが大切です。

それでもイけるようになったら本物です。

TABOUのお客様の中には、
N.H店で逆アナルをしていたら、
責め側の嬢が気持ち良すぎてコンドームを外され中出しされた!とか、
イベント(性交)で行列のできる人気者になってしまったとか、
それはそれで困ったことになった方もいますがw

何度も言いますが、
アナルでイけるということは、最強武器なんです。


どうか、急に広がった性世界で、
存分に楽しんでほしいと願っています。


TABOUでは、
開発済みになったアナルは野に放て!


とよく言っています。
そのアナルが広告塔となって、
「どこでこんな具合のいいアナルにしてもらった?」と聞かれ、
「東京のTABOU」と答えるという算段です。

こんな店が、たくさんできればいいと私は思っています。
そのための努力を、女性たちもして頂きたいなと思っています。
ひとりでも多くの男性たちに、
この歓びを感じ取ってもらうために。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。 もれなく小躍りします\\\└('ω')┘////

ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
15
はるか・みさきと読みます。日本性科学会会員・性問題カウンセラー・TABOUとAZOTHの所長さんです。女性が男性を抱くという性行為を推奨しています。個人的に形而上学なども。

こちらでもピックアップされています

遥美沙樹の大福帳
遥美沙樹の大福帳
  • 11本

モヤモヤとした考えの中で、ある結論にたどり着いた話を主に書いています。特殊な見聞録としてお役立てください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。