見出し画像

遥美沙樹のメヲミヒラク#06「 orgasm addict 」

その男は、とある女性の奴隷だと言った。

身体には無数の鞭痕があり、
両乳首にはピアスが施され、局部もまた大きなダイヤを模したピアスが四方から貫通していた。

男は嬉しそうに言った。
「これね、最近開けて頂いたんです」

しかしその男が此処に来たのはピアスを自慢したいためではない。
己のアナルが、いまいち主の役に立っていないのではないか、
もっと主が喜んで遊べるようなアナルでありたいと、
このクリニックの扉を叩いたのだ。

そのクリニックの名は「TABOU」。
禁忌と謳ったその店は、選ばれたものだけに開かれた、
アナル開発専門の店だった。

男は言った。
「山で言うと……6合目から8合目くらいまでの気持ちよさなんです」

女は応えた。
「つまり、もっと上がある……つまりはもっと深く、高く逝けるようになりたいということですね?」

男は諸説明に納得し、その身体をベッドに横たえた。

間もなくして、
男とも、女ともつかない、悩まし気な声が木霊した。
衣擦れの音、荒げた呼吸、そして無為な換気扇の音。

男はそのどれにも属さない音を喉から発した。
そしてそれは、時と共にまるで男女の諍いのような音に変化していった。

「こ、こっ……こわれちゃ……うっっ!!!」

「何が壊れるのですか?」

「ひ、ひと……人じゃ……なくなりそう……あぁっ!!」

「じゃあ何になるのですか?」

「わ、わからな……!!!、もう……っもう!!!」

「まだ仕込みの段階なのですけどねぇ……困った方ですねぇ……」

「くっ、狂っちゃう!!!狂っちゃう!!!たっ……たすけてぇ!!!!!」

「止めてと言ったらすぐに止めますよと説明したじゃないですか」

「や、や、やめ……」

「止めますか?」

「……やめ……ないで……」

「承知しました。では続けますよ?」

「あぁっ!!!こわれっ……!!!」

「……。」

「……!!!……!!!」

程なく男はその勲章だと言った鞭痕だらけの肉の袋を、
ある一定のリズムに乗って震わせていた。
何に震わされているのでもなく、誰かに揺らされているのでもなく、
ぶるぶる、がたがたと肉の袋を震わせていた。

奥で丁寧に手を洗い終えた女が戻ってきたことすら、
その男には、気が付かなかった。
その目は宙を仰ぎ、その口からは白い涎のようなものが垂れ流れ、
自身の世界から現実に戻ってこれないでいた。

女は重い鞄を持ち上げこう言った。
「施術は完了いたしました。きっとあなたのご主人さまがお喜びになることでしょう」

そうして女はその部屋を去った。
が、その男がそれを聞こえていたかどうかは定かではない。

*このお話は事実をちょっとだけ脚色したフィクションです。
 お楽しみ頂けたなら何よりですヽ(^。^)ノ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。 もれなく小躍りします\\\└('ω')┘////

ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
4
はるか・みさきと読みます。日本性科学会会員・性問題カウンセラー・TABOUとAZOTHの所長さんです。女性が男性を抱くという性行為を推奨しています。個人的に形而上学なども。

こちらでもピックアップされています

遥美沙樹のメヲミヒラク
遥美沙樹のメヲミヒラク
  • 11本

19年間延べ8000人以上のデータを持ち、その中から水滸伝のようにひとつひとつのドラマを開いていきたいと思っています。よりコアな内容には、お値段がついておりますが、執筆の励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。