見出し画像

遥美沙樹のメヲミヒラク#09「ある男の旅」

「どうして大切な人は1人にしなきゃいけないの?」

男は言った。
その声は幾度にも渡って投げかけた問いにも感じられた。
しかし今まで男の耳の奥に届く反対論を唱える声は、聞こえなかったのだと思う。

私は返す。
「同等ではないからじゃないですか?ひとりは社会的に認めた立場があり、ひとりにはそれがない。つまりそこに格差がある。」

なぜこの話題になったのか、経緯はよく覚えていない。
12年連れ添った妻とは、もう何年もSEXしていないという、所謂よくある話からだった。

私は何故しなくなったのかと聞いた。
男は、妻がSEXがあまり好きではないようだからと答えた。
求めはしないけど、もし求められたら喜んで受け容れると言った。

いつからしなくなったのかと私は聞いた。
男は答えた。
「子供だね……。2番目の子供が出来てから…。」
それ以上はなんとなく重い空気が、具体性を物語っていた。

しかし男は機転を返した。
「でも、今でも妻のことは愛しているし、たまに子供預けてデートもするし、結婚生活にはなんの不満もないんだよ。SEXはないけど、きちんと繋がっていると実感しているし毎日充実しているんだ。」

男と女は、生活という運命を共有すると、その領域にたどり着くのか…。
生活は妥協の連続という。
家庭は社会だという人も。
そこにある愛とは、どんなものなのか私は知らない。
しかし私はひとつの疑問を男に投げかけた。

「じゃあSEXはどこで処理してるんですか?」

風俗でも、セフレでもワンナイトでもないと彼は言った。

この続きをみるには

この続き: 1,014文字

遥美沙樹のメヲミヒラク#09「ある男の旅」

遥 美沙樹

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。 もれなく小躍りします\\\└('ω')┘////

ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
2
はるか・みさきと読みます。日本性科学会会員・性問題カウンセラー・TABOUとAZOTHの所長さんです。女性が男性を抱くという性行為を推奨しています。個人的に形而上学なども。

こちらでもピックアップされています

遥美沙樹のメヲミヒラク
遥美沙樹のメヲミヒラク
  • 11本

19年間延べ8000人以上のデータを持ち、その中から水滸伝のようにひとつひとつのドラマを開いていきたいと思っています。よりコアな内容には、お値段がついておりますが、執筆の励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。