見出し画像

遥美沙樹のメヲミヒラク#03「 9.11はここにも… 」

※これは以前にブログに掲載していた記事です※

2001年9月11日は私にも、忘れられない日となりました。
これは、私がまだ女王様だった頃の話です。

あの日、私が僅かに恋心を抱いていた男性が、
あの場所に居ました。

幸いにも彼はその日、寝坊をして遅刻したおかげで、
あの被害には遭わなかったのです。
急いでオフィスへと向かう道すがら、あと5分で到着という場所に居たそうです。
しかし目の前に拡がる光景は、
とても言葉では表現できるものではなかったようです。

私がそれを知ったのは、
それから1年後のことでした。

まるで他人事のように話す彼の口から、
私はものすごい違和感を感じていました。

何か、表現できないものを感じていたのです。

彼とのセッションはいつも、
いつも官能的な雰囲気とはなりませんでした。
彼は緊縛が好きで、全身ガチガチに縛られながらも冗談を言える、
本当に人を楽しませることに長けた人でした。

しかしその日は、
まるで置物を縛っているような気にさえなっていました。

全身から淀むエネルギーは、
この好青年から、なにか大切なものを奪っていった感じがしたのです。

「どうしたの?なにかストレスでも溜まってる?」
「ううん、別に。」
「・・・・・そう。」

何をしても響かない。
何をしても感動がない。

それは彼も感じていたようで、
縄を解いても、淡々としていました。

「今日はダメみたい・・・。」

そう言って残念そうに帰っていったのを記憶しています。
それから彼の消息はわかりません。
今もアメリカに居るのか、日本に帰ってきているのか・・・・・。

あの日、彼が奪われたものについて考えてみました。
それはおそらく、パッション。

常識的に考えると、
事件に巻き込まれたわけでもなく、
本人に被害は殆どないのに、
何故そうなるのかと思うかもしれませんが、
あのような事件は、多くの人々の心に傷跡を残します。
そして、潜在意識の何かしらとリンクするのです。
それが、その後にも大きく影響します。

それが解ってから、
私はミストレスとは何であるのか、
なんのために存在するのかを考えるこことなりました。

単に排泄を担当する情婦などではない!
もっと人のココロの奥底、深淵の部分を癒やせる者でなくてはならないのではないか−
相手がそれに気づいていなくても良い。
私がやっていることは尊いものではないのか−
与えるものは、ひとときの夢ではない。
包まれる安心感、そして充溢感、そして愛される喜び・・・

ミストレスという意味が果てしなく追いかけてきました。

彼にしてあげられなかったことが、
今も私を責めるときがありますが、
あの事があったからこそ、
私自身が私と対峙するよいチャンスを頂いたことになりました。

今、どうしているのか解りませんが、
どうか情熱を取り戻し、
幸せな日々を暮らしてくれている事を祈ります。

そして、あらゆる角度から被害に遭われた方々の心が、
少しでも癒されるよう、祈っております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。 もれなく小躍りします\\\└('ω')┘////

ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
3
はるか・みさきと読みます。日本性科学会会員・性問題カウンセラー・TABOUとAZOTHの所長さんです。女性が男性を抱くという性行為を推奨しています。個人的に形而上学なども。

こちらでもピックアップされています

遥美沙樹のメヲミヒラク
遥美沙樹のメヲミヒラク
  • 11本

19年間延べ8000人以上のデータを持ち、その中から水滸伝のようにひとつひとつのドラマを開いていきたいと思っています。よりコアな内容には、お値段がついておりますが、執筆の励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。