ハナノキ

”オタクのためのお花屋さん”を標榜し、フラスタの制作をメインに活動しております(もちろんアレンジメント(楽屋花)やお花束等お花を使った仕事ならなんでもやります!!)。「フラスタは愛」がモットー。twitter:@hananoki_flower

ハナノキ

”オタクのためのお花屋さん”を標榜し、フラスタの制作をメインに活動しております(もちろんアレンジメント(楽屋花)やお花束等お花を使った仕事ならなんでもやります!!)。「フラスタは愛」がモットー。twitter:@hananoki_flower

    最近の記事

    • 固定された記事

    新型コロナウィルスのせいでゲームオーバーにならないために

    こんにちは。ハナノキです。 皆さんご存知の通り、現在新型コロナウィルスの影響で、たくさんの公演、イベントが中止、延期となっております。 ハナノキは店売りはしておらず、オーダーメイド方式のフラスタ屋さんなので、このまま公演の中止が相次ぐと、3月の売上がゼロになる可能性があります。 さらに4月もこの状況が続くと間違いなく潰れます。 ガチガチのガチでシャレにならない状況です。 なのですが、そのようなことを嘆いていても状況が変わるわけではありません。 ということで、新しい活動を始

      • 2021年 これからのハナノキ

        皆様、あけましておめでとうございます!! ハナノキです。 去年は新型コロナウィルスの大流行という、想像だにしなかった事態によって、ハナノキを含むフラスタ業者にとっては逆風吹き荒れる1年となりました。 それでもこうやって新しい年を迎えて、新年のご挨拶をお伝えすることができるのも、全ては皆様のおかげです。 ご注文いただいて、制作して、納品してという形で繋がることはほとんどできませんでしたが、むしろそうではない形でたくさんの方と繋がり、そして支えていただいているということを心か

        • forget-me-notの思い出【前編】

          ちょうど今から8年前(!!)の2012年9月30日、forget-me-notという名前の、メイドのいるお花屋さんカフェが閉店しました。 今では知っている人の方が少ないと思うのですが、何を隠そう今のハナノキの前身の前身でして、今このようにハナノキが活動できているのは、間違いなくあの時あの場所にあのお店を作ったからだと断言できます。 閉店以降、当時のことについて表に出すことはほとんどありませんでしたが、データを整理していたところ当時の画像をたくさん発掘したり、最近の様々な出来

          • 2020年ハナノキ敬老の日用ギフトのご案内

            こんにちは。ハナノキです。 今回は母の日、父の日に続き、敬老の日用ギフトのご案内です。 感染拡大当初、まさかここまで長引くとは思わなかった新型コロナウィルスの影響ですが、残念ながら、今なおライブやイベントが行われる機会は大変少なく、また行われた場合においても、お花の受け取りはNGな場合がほとんどとなっております。 毎度毎度このようなお願いをし続けていて、大変恥ずかしいところではありますが、もしよろしければ以下の商品につきまして、ご検討いただけますと大変ありがたいです。 もち

            2020年ハナノキ父の日対応について

            こんにちは。ハナノキです。 先日は母の日企画へ、たくさんのご注文本当にどうもありがとうございました。 ハナノキとしては、初めて宅配便を使った、大々的なネット販売、制作、納品を行いまして、慣れない点も多々あり、ご迷惑をおかけしてしまった方もいらっしゃったかと思うのですが、なんとか最後までやり切ることができたかなと思っております(反省は今回の父の日対応に活かします!)。 現在、引き続き新型コロナウィルスの影響で仕事がない状況でして、今度は6月21日の父の日向けのお花について、

            2020年ハナノキ母の日対応について

            皆さんこんにちは。 今日はハナノキの母の日対応についてお伝えします。 ご存知の通り、新型コロナウィルスの影響は日増しに大きくなっており、花業界にも大打撃を与えております。 前回の記事にも書きましたが、ハナノキも納め先の99%を占める各種イベントがなくなり、3月前半から5月後半までほとんどの注文がキャンセルとなりました。 ということで、例年フラスタの制作で手が回らず、あまり携わってこなかった母の日について、今年は全力で対応をしたいと思います。 その前にまずはひとつ大きなお願

            フラスタ禁止の世の中にならないために

            こんにちは。ハナノキです。 今回はフラスタにまつわる最近の出来事を見ていて、感じたことを書いてみたいと思います。 最近「フラスタ禁止」という言葉が、Twitterのトレンドワードに入ったことをご存知の方も多いかと思います。 人気の歌い手さん達のライブで、スタンド花(フラスタ)の受け取りを行わないという発表があり、それを受けてのものでした。 「スタンド花(フラスタ)について、トラブルが多数発生している」ことを受け、という形でその理由が書かれています。 私も歌い手さん宛の現場

            最高にエモいフラスタを推しに贈って優勝したい!!(方のために)

            皆様こんにちは。ハナノキです。 これからこのnoteという場を使って、フラスタにまつわるあれやこれやについて書き綴っていきたいと思います。 初心者の方に向けた、フラスタの出し方のノウハウについては、最近色々なところで見かけるようになりました。 なので、ここではデザインの考え方や装飾の種類、予算や使用するお花のことなど、専門家として一歩踏み込んだところを中心に解説し、皆さんに世界で一つだけの、最高のフラスタを作るためのヒントを提供していけたらと思っております。 フラスタを