一人でできる 「算命学 鑑定練習ドリル」 創刊号 十大主星の本質

創刊号で学べること:人体図を使った鑑定の基礎、十大主星の本質と3つの解釈、多くの人がやらかしている間違い、実践練習など

創刊号で学ぶために必要な知識:人体図と十大主星と五本能についての基礎知識。一般書籍レベルで十分です。


 もくじ
・算命学鑑定の「基本中の基本」
・十大主星の本能
・十大主星の人物
・十大主星の性質
・人体図鑑定「基本のまとめ」
・トレーニングをはじめよう!
・実践練習の添削します!


人体図を使って鑑定するとき、十大主星の性質なんて実はどぉーでもいいんです。

・・・なんて言ったら怒られそうですが、でもこれ、本当です。

実際、十大主星の性質を知っていても、人体図を活かすまともなアドバイスができている人って、あまりいないんじゃないですか?

わざわざお金を払って鑑定を受けに行って・・・

「人に親切にするといいですよ?」なんてアドバイスをもらって、それで満足しますか?

「仕事で苦労してくださいね」なんて言われたって、そんなのあたりまえだろ、誰だって苦労するわっ!って思いませんか?

そんなこと、算命学を使わなくてもわかることだし、人としてあたりまえなことばかりでしょ?

それから・・・

「お母さんと縁を深くしてくださいね」って、実際どうすればいいのよ?


「算命学って奥が深い!」なんて言われる割に、出てくるアドバイスは薄っぺらのペラだったりします。

何でなんでしょう?

答えは簡単で、鑑定士が「算命学の本質を掴んでいないから」です。


この「算命学鑑定 練習ドリル」では、算命学の本質をしっかり掴みながら、実践的な鑑定練習を繰り返すことで鑑定技術を身につけることができます。

小学生の頃に算数の計算ドリルやったでしょ?

あれの算命学版です。

たぶん、計算ドリルより楽しいと思いますよ!

これから月に一回程度のペースで発行していくのでお付き合いください。

まずは鑑定ドリルに取り組むための準備からはじめましょう。


算命学鑑定の「基本中の基本」

算命学鑑定の基本中の基本は、人体図の星をすべて活かすことです。

・・・ってことはさ、人体図にある十大主星を活かすための有効なアドバイスができることが、算命学鑑定の基本中の基本ということになりますよね。

・・・というわけで、これから十大主星の本質と活かし方の基本中の基本についてお話します。

すでに十大主星について多くの知識がある方は、とりあえずそれをどこか隅の方において、できるだけ頭をまっさらにして読んでください。

人体図とか十大主星とか、あまり詳しいことは知らないという方は、間違った考え方に染まる前にこのテキストにたどり着いた幸運な人です。

あっ、それから十二大従星のことは今は忘れましょう。これはこれでなかなか手ごわい相手なので、後からじっくり取り組むことにして、まずは十大主星の本質をしっかり掴むことに集中してくださいね。


では、はじめますよ・・・

いきなり大切なことからお伝えします。

この続きをみるには

この続き: 13,848文字 / 画像4枚

一人でできる 「算命学 鑑定練習ドリル」 創刊号 十大主星の本質

磯野はまぐり

1,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをタップすると運気が上がるかも?知らんけど・・・
23
磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。 結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。どういうわけか算命学にはまっています。http://pastaking.blog.fc2.com