落ちこぼれでいるのはもうやめよう

落ちこぼれでいるのはもうやめよう、と思った。

きっかけはtwitterだ。他の方のツイートなので引用は省略させていただくが、「自分へのキャッチフレーズをつけるのは自分」という内容。

それへの私のツイート。


私は落ちこぼれ女医だ。

と、散々あちこちで書いて来た。


実際、私は落ちこぼれだ。
初期研修中にうつ病になってドロップアウト。
数年間闘病して、なんとか母校の付属病院で研修を終えた。
その後もうつ病と付き合いながら、なんとか働いた。
そして結婚。
なんとかうつ病についてはドラッグフリーになり、妊娠(一度は流産)、出産。そのために仕事はやめた。
そして、復職できていない。


医師免許があるだけの、落ちこぼれだ。
バリバリ働いている医師仲間から見れば、どうしようもないくらいの落ちこぼれだ。


あ、書いてたら落ち込んできた。


そう、書けば書くほど、私は落ちこぼれになる
誰も私を「お前は落ちこぼれだ」と言ってないのに、私は一人で、


私は落ちこぼれだ。


と、私自身を貶めているのだ。

それはもう、おしまいにしようと思った。


言葉には力がある。
沢山の力がある。
心を縛る力がある。
呪いと言ってもいい。

私が自分の事を、「落ちこぼれだ」と言ってる間、私はいつまでも落ちこぼれなのだ。

自分を偽りたくなくて、私は、自分の正当な評価として、「落ちこぼれ」を掲げて来た。
私の記事を読んだ人が「落ちこぼれの書いている事なら、信頼に値しないかもしれない」と懐疑的に読んでくれるかもしれないからだ。
そして、それでも信用出来ると思う人だけ、内容を受け止めてくれたらいい。
そう思っていた。

でも、それは、裏返せば、読む人を試す行為に他ならない。
詳しいプロフィールを読んで、「こいつは信頼に値しない」と思うなら、それでいい。当然だ。
けれど、「落ちこぼれだ」と先に突きつけて、「さあ、それでも信頼しますか? あなた次第ですよ?」と試す行為、その方が、むしろ信頼に値しないのではないだろうか。

また、同じ境遇の人が私の「落ちこぼれ」という言葉を見たらどう思うだろうか。
「そうか、自分は落ちこぼれなのか……」
そう傷つくのではないか。

正しい答えはわからない。

けれど、私はもう、落ちこぼれはやめたいと思った。

私は、落ちこぼれでいたくない。
私も、下を向いて歩きたくない。
前を向いて、胸を張って生きて行きたい。

うつ病になってからずっと、自己評価が低いと言われ続けてきた。これを簡単に覆す事ができない事は、自分でもよくわかっている。
でも、自分に呪いをかけるのはもうやめよう。

例え誰かに落ちこぼれと言われても、自分から「落ちこぼれ」でいるのは、もうやめよう。

「自分は××だから……」

そう呪いをかけている人はいないでしょうか。
もしよかったら、私と一緒に、その××、やめてみませんか。
そして、前を見て、歩いてみませんか。

ほんの少し生まれ変わったつもりで、私も今日から、頑張ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

74

この記事が入っているマガジン

HAL@36歳女医、こっそり自分を語る頃
HAL@36歳女医、こっそり自分を語る頃
  • 5本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。