HAKUTEN | 体験をつくるクリエイティブカンパニー

博展は「ココロ揺さぶる瞬間《とき》を創り、世の中を次へ動かす」をビジョンに掲げ、顧客体験を創造するクリエイティブカンパニーです。このnoteでは体験にまつわる情報や社内報などのコンテンツを発信します。

HAKUTEN | 体験をつくるクリエイティブカンパニー

博展は「ココロ揺さぶる瞬間《とき》を創り、世の中を次へ動かす」をビジョンに掲げ、顧客体験を創造するクリエイティブカンパニーです。このnoteでは体験にまつわる情報や社内報などのコンテンツを発信します。

マガジン

  • 社内報 HAKUTEN COLOR

    HAKUTENのオープン社内報です。「社員一人ひとりのストーリーを通じて、共感される企業カルチャーをつくる」をコンセプトに人・仕事を発信していきます。

  • エクスペリエンスマーケティング U2 note

    博展は"体験"を通じて「感動」と「共感」を企業の成長につなげる エクスペリエンスマーケティングカンパニーです。 エクスペリエンスマーケティングのスペシャリスト集団として、 オンラインとオフラインをつなぐ、さまざまな体験価値を創造し、 企業と生活者がふれ合うコミュニケーションのあり方をデザインしています。 こちらのマガジンでは、HAKUTENに在籍する体験エキスパートからの発信や、 体験のトレンド情報、最新の実績など、様々な情報を発信しますので、楽しみにして頂けると嬉しいです。

リンク

最近の記事

固定された記事

HAKUTEN note はじめます。

はじめまして!HAKUTEN note編集部です。 突然ですがみなさま、博展という会社をご存知でしょうか? 名前だけは聞いたことがある方も、一緒にお仕事をさせていただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、初めてお会いする方には「楽天さんですか?」とか「博報堂グループでしたっけ?」と間違えられてしまうので...      まずは博展という会社について紹介させてください。 博展って何をしている会社なの? 弊社は「ココロ揺さぶる瞬間を創り、世の中を次へ動かす。」をビジョン

スキ
40
    • キリヒラ#05 久我さん~あの先輩に聞く!キャリアを切り拓いた瞬間~「境目なくつくる」できりひらいた!

      <インタビュアー紹介> 竹中)4年目社員が、さまざまな先輩にキャリアを切り拓いた瞬間を取材する”キリヒラ”企画の第5弾!今回は、コンテンツデザイン局の久我さんにインタビューしていきます。 まず最初に、久我さんの経歴からお聞きしたいと思います! 久我)学生時代にメディアアートを勉強して、大学卒業後に映像系の制作会社に入り、デジタルコンテンツや映像の仕事をしていました。5年ぐらい企業ショールームや工場見学コース、VIP用のBtoB施設での映像やデジタルコンテンツ制作のディレク

      スキ
      5
      • サステナビリティ・アンバサダーレポート Vol.09~ファシリティ連携チーム 活動紹介~|社内報 HAKUTEN COLOR

         今回のサステナビリティ・アンバサダー レポートは、2期目に突入した「ファシリティ連携」の分科会チームのメンバーから活動レポートをお送りします。  前期から引き続き活動している1期生の山口・高田と、今期から加わった2期生の町田・堀田の座談会です。 <座談会メンバー紹介> 1.ファシリティ連携チームとは…?これまでの取り組みについておさらい 町田)ファシリティ チームと聞いて、最初はよくわからなかったです。具体的にどのような取り組みをしてきたか教えてください!   山口)

        スキ
        5
        • HAKUTEN課外活動 Vol.1【野球チームロマンティクス】|社内報 HAKUTEN COLOR

          9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いております。 日本の夏の風物詩となっている甲子園は皆様見られましたでしょうか。 本日は、高校球児にも負けない楽しさ、魅力のある博展グループ野球チーム「ロマンティクス」についてご紹介します。 いつもの真面目なHAKUTEN COLORとは少し趣向が異なるライトな内容となっておりますので、通勤時間・休憩時間の息抜きに読んでいただけると幸いです。 ≪記者紹介≫ 1.ロマンティクスって?? ①活動目的~Purpose~ 博展グループ・ロ

          スキ
          3

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 社内報 HAKUTEN COLOR
          HAKUTEN | 体験をつくるクリエイティブカンパニー
        • エクスペリエンスマーケティング U2 note
          HAKUTEN | 体験をつくるクリエイティブカンパニー

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          オシゴト―ク Vol.9 サステナブル・ブランド事業部の仕事をご紹介します!|社内報 HAKUTEN COLOR

          オシゴト―クの第9回は、サステナブル・ブランド(SB)事業部です! SBと言えば、年に1回の国際会議の活動が思い浮かびますが、その他にも様々なコミュニティ活動を推進しているのをご存知ですか? 今回は、メンバーの松浦さん、大野さん、榊原さんに、知られざるSBの活動についてお聞きしました!(取材・ライティング:村松) 1.1.3万人のグローバル・コミュニティ「サステナブル・ブランド」とは? ーーそれでは、改めてSBについて教えてください。 松浦)”サステナブル・ブランド(S

          スキ
          5

          キリヒラ#04 広瀬さん~あの先輩に聞く!キャリアを切り拓いた瞬間~「捉え方次第だ」できりひらいた!

          <インタビュアー紹介> キリヒラ第4回目の今回は、Unit2プロデュース部の広瀬 明生(ひろせ あおい)さんにお話を伺っていきたいと思います! 渡邉)私は案件としては、広瀬さんと直接お仕事したことはないのですが、何度か情報交換させていただいたこともあり、気さくで優しい先輩という印象を持っていました。そこで、この機会にもっとお話できればと思い、お声がけさせていただきました! 臼井)僕は広瀬さんとは何度か一緒にお仕事させていただきましたが、いつも優しく、一緒にお仕事をしてい

          スキ
          13

          サステナビリティ・アンバサダーレポート Vol.08~サステナブル・マテリアル チームの活動紹介~|社内報 HAKUTEN COLOR

           今回のサステナビリティ・アンバサダー レポートは、2期目に突入した「サステナブル・マテリアル」の分科会チームのメンバーから活動レポートをお送りします。  前期から引き続き活動している1期生の藤原・渡邉と、今期から加わった2期生の鈴木・松本の座談会です。 1.これまでの取り組み内容についておさらい 松本:では早速、具体的にどういった取り組みをしてきたか教えてください。 藤原:最初は「マテリアル開発」という名前のチームでした。主な取り組みは、博展から出る廃棄物から新しくマ

          スキ
          4

          オシゴト―ク Vol.8 制作ユニット業務推進課の仕事をご紹介します!|社内報 HAKUTEN COLOR

          オシゴト―ク第8回は制作ユニット業務推進課です! 大胆なデザインや繊細な造作で人々の目を引く、展示会やイベントプロモーションのいわば“顔”とも言えるブースやディスプレイ。 約50年の歴史の中で培った高い技術力で、クライアントの想いやブランドイメージをカタチにし、体現するのが博展の制作ユニットです。 そんな国内最大規模の制作部隊である博展の制作ユニットを支える業務推進課の仕事とは? 課長の知久さん、メンバーの佐藤さん・星野さんに、知られざる制作ユニットの裏側をお聞きしました!

          スキ
          7

          わたしのファイブルール vol.3|社内報 HAKUTEN COLOR

          ※この記事は、過去に社内公開した内容を、note用に再編集したものです。 みなさま、あけましておめでとうございます。UNIT1の山村です! 博展女性社員のみなさまを中心に、お仕事や私生活についてインタビューをするシリーズ企画「わたしのファイブルール」の第3回目になります。 2022年も引き続き、読者のみなさまが少しでもハッピーになれるような記事を書き続けたいです。読んでいただけらたら嬉しいかぎりです。 第3回目のインタビュイーは………制作部 永田さんです! ▼編集メ

          スキ
          4

          わたしのファイブルール vol.2|社内報 HAKUTEN COLOR

          ※この記事は、過去に社内公開した内容を、note用に再編集したものです。 UNIT1の営業、山村です! 博展女性社員のみなさまを中心に、私生活やお仕事についてインタビューをするシリーズ企画「わたしのファイブルール」の第2回目になります。 案件でばたばたしており、楽しみにしていただいた方々(いたらうれしいなw)更新遅くなり申し訳ございません。。 第2回目のインタビュイーは………UNIT3(現在はUNIT2)川岸さんです! ▼編集メンバーの紹介 お仕事内容についてQ.

          スキ
          3

          サステナビリティ・アンバサダーレポート Vol.07 2022年度 キックオフ編|社内報 HAKUTEN COLOR

           2022年5月23日に、2年目となるサステナビリティ・アンバサダーのキックオフを開催。1期、2期のサステナビリティ・アンバサダーとサステナビリティ推進部のメンバー 合計23名が参加しました!  今回のレポートは、アンバサダーの中から、1期生の池端さん(制作部)、2期生となる新規メンバーの大友さん(Unit2 プロダクトマネジメント部)、堀田さん(コンテンツデザイン局)に、キックオフの感想やこれからへの期待について語ってもらいました。 1.アンバサダーに選ばれたきっかけとは

          スキ
          10

          きいてみた!気になるあの人の肩書 Vol.01|社内報 HAKUTEN COLOR

          ※この記事は、過去に社内公開した内容を、note用に再編集したものです。 U1プロデュース部 営業1年目の小林です。 今回は、気になるあの人の『肩書』を切り口に、各部署で活躍する人々を紹介していくシリーズ企画の第一回目になります。 私自身、博展に入社して以降、社内でたびたび抱いていた「あの人の肩書、どういう意味なんだろう?」「なんでこんな珍しい肩書をつけるようになったのだろう?」という疑問にフィーチャーしていき、先輩方の仕事への想いやこだわりについて聞かせていただきまし

          スキ
          4

          OSHIETEN+ 聞かせて!みんなの声!|社内報 HAKUTEN COLOR

          2021年12月に全社リリースをした「OSHIETEN+」。 実際に使用してもらっているメンバーに、どんな時に使ってる?実際使ってみてどうですか?等を座談会方式で取材しました。さらに先日全社向けに行ったアンケートの結果も一部公開! まだ使ったことない!方、みんな実際どんな時に使ってるの?など知りたい方は、詳しく取材しましたので、是非最後までご覧ください! <座談会参加者> OSHIETEN+誕生の経緯ーまずは、OSHIETEN+の誕生の経緯からお伝えできたらと思います。

          スキ
          4

          キリヒラ#03 熊崎さん~あの先輩に聞く!キャリアを切り拓いた瞬間~「したい事を言葉に」できりひらいた!

          <インタビュアー紹介> 今村)4年目社員が、さまざまな先輩にキャリアを切り拓いた瞬間を取材する”キリヒラ”企画の第3弾!今回は、UNIT2プロダクトマネジメント部の熊崎さんにインタビューしていきます。  まずはじめに、今回取材をお願いした経緯は、今村は、席が近いのに一緒に仕事をしたことがなく、、、是非お話させていただければと思っておりました。(雑談にはよく混ぜていただいてました笑) 新宮)自分は、実は、、熊崎さんとはやりたい仕事の方向性などが似ていて、プライベートでも美

          スキ
          15

          HAKUTEN COLORのロゴがリニューアル!新入社員が取材・撮影を実施しました【後編】|社内報 HAKUTEN COLOR

          みなさん、こんにちは! 新入社員の飯泉、鯉沼、鍋田、吉原です。 今回は『HAKUTEN COLOR』のロゴリニューアルにあたり、新たにロゴに登場いただいた14名の先輩社員への取材企画の後編をお届けします。 改めて完成したロゴはこちら! 取材では、新人ならではの視点から、それぞれの仕事への思いやパーソナルな一面を知るべく切り込みました! 後編では「U」「T」「E」「N」に登場いただいたの先輩の取材内容をお届けします。 「U」の広瀬さんと李さんの取材では、 ハイテーブルな

          スキ
          7

          HAKUTEN COLORのロゴがリニューアル!新入社員が取材・撮影を実施しました【前編】|社内報 HAKUTEN COLOR

          はじめまして。 新入社員の飯泉、鯉沼、鍋田、吉原です。 入社してから早数週間。(※執筆時点は4月) 『博展』社員の皆様の挑戦への姿勢やエネルギーに圧倒されつつも、私たち新人も負けじと頑張ります! この度、私たち4人が『HAKUTEN COLOR』のロゴリニューアルにあたり、取材・撮影を実施しました!現場の最前線でご活躍中の総勢14人の先輩に出演いただいております。 改めて、完成したロゴはこちら ロゴをよーく見てみると、アクロバティックな方や、愛する仕事道具が登場してい

          スキ
          12