【毎週水曜更新】SEOコンサル「はかせ」のSEOマガジン

わかる人にだけわかるマニアックリライト術

わかる人にだけわかるマニアックリライト術

この記事の見出し(ケース例)をつけることすら難しい、マニアックといいますか、かなり局所的なリライト術を紹介していきます。 相当マニアックかつ局所的なネタではありますが、毎日リライトをしている人だと「これが知りたかったんだ」と思うような内容もあるかも。 ガシガシ毎日リライトしてるほど響くかもしれないので、ぜひチェックしてみて下さい。

1
新規記事を書いて上位表示させるまでにやるべきこと

新規記事を書いて上位表示させるまでにやるべきこと

新規記事は、ただ記事を書くだけではなく、それなりの仕込みが必要になります。もちろん良い記事を書く必要もありますが。 ではどんな仕込みが必要なのかを、新規記事の書き方とともに紹介していきます。

検索意図は合っているのに順位が上がらない記事の3つの特徴

検索意図は合っているのに順位が上がらない記事の3つの特徴

各キーワードには、このネタについて書かなければ上位表示できないという「検索意図」があります。 その検索意図をしっかりと捉えたにもかかわらず、上位表示できない場合、検索意図以外の問題があると考えた方が良いでしょう。 では一体どんな問題があるのか、今回は3つほどその具体例を紹介していきます。 自分の記事がそれに当てはまっていないかどうか確認してみて下さい。

1
【実は自分だけでない】サイト運営者が知るべき最新Google意地悪事情

【実は自分だけでない】サイト運営者が知るべき最新Google意地悪事情

日々サイト運営をしていて、「Googleの意地悪さ」に対して「もしかして自分だけなのではないか…」とネガティブになっていること、ありませんか? 「実は自分だけではないよ。みんなもそうだよ」という、最新のGoogle意地悪事情について紹介します。

サイト評価を高めるために今やっておくべきことと、今はやらなくても良いこと

サイト評価を高めるために今やっておくべきことと、今はやらなくても良いこと

どれだけ記事をいじってもあのサイトに勝てない…という時はサイト評価で負けているかもしれません。 サイト評価を高める方法はいくつかありますが、今ハマっている方法があります。それをやれば、あのライバルサイトに勝てるかもしれません。 また、昔はサイト評価を上げるために必要と言われていた事の中で、今は別にしなくても良いこともあります。 そんな「サイト評価を高めるために今やっておくべきこと」と「今はやらなくても良いこと」を、今回は紹介します。

関連キーワードを入れると順位があがるかもしれない4つの箇所

関連キーワードを入れると順位があがるかもしれない4つの箇所

前回こちらの記事にて順位が上がるかもしれない関連キーワードの見つけ方について紹介しました。 見抜いたのはよいものの、その関連キーワードは一体どこに入れればいいの?と思った方も多いはず。 そこで今回の記事は、関連キーワードを入れると順位が上がるかもしれない箇所について紹介していきます。 なお、紹介するのはあくまでも今ハマっている方法です。今後ハマらなくなる可能性もありますので、その点を考慮して実践してみて下さい。

2
入れると順位があがる「関連キーワード」の見抜き方

入れると順位があがる「関連キーワード」の見抜き方

こちらに書いてある通り、場合によっては関連キーワードを見出しにゴリゴリにいただけで順位が上がることもあります。もちろん上がらないことも。 しかし、関連キーワードなら、なんでもかんでも入れて良いわけではないのでご注意ください。 狙っているキーワードにとって必要不可欠な関連キーワードを見抜き、それをいれる必要があるのです。 そこで今回は「必要不可欠な関連キーワード」を見抜くためのコツについて紹介します。

3
大きな順位変動が起こった後、日々のサイト運営はどうすればいい?

大きな順位変動が起こった後、日々のサイト運営はどうすればいい?

コアアップデートが行われると、あたりまえですが順位変動が激しくなります。(もちろん、全く動かないときもありますが) 順位がついていなかったキーワードがいきなり上位表示したり、ずっと1位をキープしていたキーワードが2ページ目以降に落ちてしまったりと、精神衛生上よろしくない動きをどんどん見せるでしょう。 しかし、アップデート後の動きに翻弄されて、むやみやたらにサイトをいじってしまうと逆効果になります。良かれと思ったことが悪手になりかねません。 本記事にて、大きな変動が起こっ

カニバリを避けつつ、似たようなキーワードで新規記事を上位表示させる方法

カニバリを避けつつ、似たようなキーワードで新規記事を上位表示させる方法

今回はタイトルにあるように「カニバリを避けつつ、似たようなキーワードで新規記事を上位表示を狙う方法」を解説します。 先に投稿している既存記事を「記事A」、後から似たようなキーワードで投稿する新規記事を「記事B」とします。 それを踏まえた上で、以下に解説する方法を参考にしてみてください。 なお、絶対にカニバリを避けられるわけでもなく、似たようなキーワードで必ず上位表示できるわけでは無いのであしからず。 しかし、何も知らない状態で記事を書くよりも、確度は上がるはずです。

2
2ページ目にいる記事を1ページに引き上げるための5ステップ

2ページ目にいる記事を1ページに引き上げるための5ステップ

こちらのツイート、、「あの手この手とは一体何なの?」と思った方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、2ページ目にいる記事を1ページ目に上げるための方法論について紹介します。 ステップ方式で紹介するので、できれば紹介する順に実践してみて下さい。

2