見出し画像

地球のあちら側に想いを馳せて… 留学プログラムから学んだ大きなもの。

ベトナム親子留学より、
無事に帰国し家に帰宅してホッと一息…

とは参りませぬ(笑)

荷ほどきから、
山のようにてんこ盛りの洗濯たち。

おまけに、
約2週間も家を空けていた同居嫁の私。

夕飯もちゃんと作りましたよ(笑)

ただしメニューは、
超絶簡単な手抜き鍋

「あぁ、鍋のお出汁の味がしみる…😭」

やはり、慣れ親しんだ味はホッとしますね^_^

そんな安堵のご報告を
無事の帰宅と感謝と共に

今回参加したベトナム親子留学プログラム
サポートの方にご連絡したら、

こんなメッセージが返ってきました。

一部抜粋してシェアしますね!

↓↓↓↓ ここから

日本で生まれ育つからお出汁も美味しいしね🤗  
ベトナムの方にとっては、あのフォーの味が一歩外に出るとありがたいのでしょうね!

三井家でお鍋を囲んでいる間も、あのベトナムではバイクが行き交い、8人家族のお母さんが朝早くから起きて家族のご飯作ってるって思うと、地球のあちら側もこちら側もグンと距離感が縮まりませんか?

遠い異国の国のことではなく身近な事として今後見聞きするニュースなども感じられたら、私としてはとても嬉しいです!
それも世界平和への一つの一歩。

↑↑↑ここまで。

なんて温かいメッセージなのでしょう💕

ホントそうですね!
最初にいただいたフォーのお味は、
正直びっくりというか、私にとっては慣れなくて違和感でいっぱいだったけど、

ベトナムで育った方にとっては、あの味が故郷のホッとできる味なんですものね!


そして、
ホッとする料理を作る為に、家族を想いキッチンに立つ母の気持ちも同じ。

この日、
久々に家族全員揃って味わったお鍋の味を、私はきっと一生忘れないでしょう。

とっても大事なことに気付かせて下さったサポーターの方に本当に感謝です。

親子留学プログラム」は数あれど、
こんな風に、地球全体の事に想いを馳せるところまで学ばせてくれるプログラムは、
そうはないと思います。

思えば、
問合せから準備段階、
出発して滞在中から帰国、
さらにその後に至るまで、

ずーっとずーっと、
温かいメッセージのやり取りと共に、
いつでも寄り添い見守って下さる
サポーターの存在がありました。

本当に今回参加させて頂いた
「ベトナム親子留学プログラム」を
選んで良かったなぁと思います。

迷って迷って、
それでも【プログラムに参加する】をチョイスしたあの日の私を褒めてあげたい!

良くやった、私!!

今回、私が参加した
ベトナム親子留学プログラムのサイトはこちら↓
https://vryugaku.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
9歳、7歳の母で同居嫁。「はじめに母ありき」主宰幸せの循環を起こすママを増やすべく活動中。はじめに母ありきサポートプログラムを始め、東広島のママコミュニティ「のんママ」を運営。現在は世界中からスクール生が集まる、オンラインビジネススクールwithUの副会長も務めている。