最近の記事

+13

音声と視覚を統合したUIデザイン

    • IT技術者のためのイノベーション・デザイン

      ITの専門学校の学生向け教材です。 地図がないところに地図を書くテクニック、答えがないときに答えを見つけるテクニックを、まとめました。 ITに限らず、日本の教育は、プログラミングなど方法(HOW、昔の読み書きそろばん)を偏重しています。それに対し、この授業は、ITで何を実現するかの目標(WHAT)を定義する方法についてまとめたものです。 若いIT技術者向けに、トピックを選びました。モノづくりを想定し、リーン・スタートアップという考え方を中心にして、デザイン思考という考え方

      • シニア向けスマホのデザイン

        現在のスマホは、シニア向けスマホを含め、シニアが使うには、ユーザーインターフェイスに多くの問題があります。 ここに、シニアのためには、スマホのユーザーインターフェイスは、こうあって欲しいということをまとめます。 これらは、「シニアのスマホライフ」の内容を、デザインする開発者の立場の人向けに書いたものです。 原理1:画面ロックの導入を簡単に。 シニアは、面倒がって、画面ロックをしない傾向があります。それは非常に危険なので、購入時のサポート担当者が生体認証を設定してあげてく

        スキ
        1
        • シニアとテレビ電話で親孝行

          これは、親御さんが遠くにいて、頻繁にコンタクトできていないけど、気になっているという、息子・娘さん現役世代の方へのおすすめです。 二人世帯や一人世帯の高齢者が増えています(3 家族と世帯|令和3年版高齢社会白書(全体版) - 内閣府)。 高齢者が社会的に孤立すると、認知症になりやすくなる、など指摘されています。高齢者には、社会的な接触をたくさん持てるようにケアすべきなのです。 遠隔に親御さんがいる若い世代の方の場合、高々、電話で時々話をするのだと思います。が、親の耳は遠