【プロもオススメ】ゆと式AIM練習【敵を倒して超爽快!】【祝累計300部】
見出し画像

【プロもオススメ】ゆと式AIM練習【敵を倒して超爽快!】【祝累計300部】

更新履歴

2019.11.2:全ての内容確認し、より新しい情報を追記しました。一度全て読み直すのオススメしておきます
2019.11.24 ①に練習する上で大切にしたいことを追加
2020.1.5:STEP2の留意点について追記
2020.2.12:STEP1のAIM方法についてよりわかりやすく修正
2020.3.23:記事全体を見やすくし、ステップ1、2に追記しました
2020.12.25:現役プロのイブさんからコメントを貰いました
       よくある質問を追加しました
2021.1.13:ステップの追加、内容をよりわかりやすく変えました
2021.7.8:導入文の整理、大事な内容を改めて強調する形に変えました

はじめに

皆さん、こんにちは
コーチング専門家、ゆとです

ぼくは20代後半で看護師(三交代)をしながら
・フェス24傑達成
・大会ベスト8
といった実績を残し
その後スプラ初のコーチング専門へ転向し
400人を超えるコーチング経験があります

今回は、そんな僕が独自に開発し
多くの生徒を育てたAIM練習方法を
紹介していきたいと思います

この記事は読み放題にも掲載されていますので
そちらも合わせてご検討頂けると幸いです

おかげさまで、この記事なんと
2020年6月現在で約300部売れてます
超絶人気感謝です

この記事はこんな方にオススメです

・敵との対面で撃ちまけてしまう
・AIM練習の効率的な方法がわからない
・対面力で自信を持ちたい
・年齢関係なくAIMで差をつけたい
・自分にはセンスがないと思ってる

ぼくが運営するオンラインサロン「SEP」
XP2500↑到達者の9割がこの練習を利用しています

この練習方法の特徴

・手首ではなく、体を使ったAIM練習方法です
・様々な分野の知識を集め構築しているので
 感覚的な体験談ではなく根拠のある練習です
・多くの利用者がAIMの向上を感じています

プロもオススメする練習方法です

この練習を発表する開発段階で
複数人に試して貰っていたんですが
Creatives スプラトゥーン部門 Phoenix所属
イブさんもいた訳です
Twitter)(Youtube

イブさんから、こんなコメントを頂きました

ゆと式宣伝用

この練習方法を開発したきっかけ

ぼくは元々ローラー使いでした

ローラー一筋でスプラ1のころから
3000時間ほどはローラーを頑張っていたんですが
遂にローラーに限界を感じで
クアッドホッパーへの持ち替えを決意
しかし、元々立ち回りや考察で戦うタイプだったので
AIMが不足しており対面で勝てない事が続いて
自分よりパワー下でもボコボコにされる始末...
やっぱりAIMは才能やセンスなのかな...
と思って諦めかけていたのですが

「センスがないなら、センスがある人と
別の方法で努力しないと勝てない」

という事に気付きました
その結果、試行錯誤して生まれたのが
この「ゆと式AIM練習です」

そう、この練習は
「感覚で上手くなれないセンスの無い人」
に向けた練習なんですね

・ボディマッピング
・人間行動科学
・運動性記憶
といった、ぼくが持てる専門知識を
総動員して作っています
結果、ぼくはフェス24傑を取り
大会でもベスト8という結果を残すことができました

この練習を導入するとどうなる?

・AIMの基礎が身に付きます
・効率よくAIMを鍛えることができます
敵を倒す爽快感を味わえるようになります
・「AIMの調子が悪い」なんてことが無くなり
 安定したパフォーマンスを発揮することができます

実際にAIM練習を導入した方の例

この練習方法を採用していた方がXP2700に到達しています

名称未設定 1

また、実際にこんな変化も見れますね

・うんたまさん(2019年8/17購入)
動画は9月24日と記載されてますね

そして、次が2020年2月17日です

恐ろしく速く正確になりましたね
このように、誰でも成果が見込めるのが
この練習の凄いところなんです

AIM練習をして意味あるの?

よくある反論として
「AIM練習をして意味あるの?」
ってものがあります

スポーツや他のことで置き換えて考えてみてください
「練習で出来ない事を試合でするのは難しい」です
少し考えてみれば当たり前なんですが
なぜかゲームだけ特別だと考える人が多いんですよね
実際FPS等のプロゲーマーの方も
「止まってる的に当てれない人は
 動いてる敵に当てれる訳がありません」
と断言しています

勿論、練習をしなくてもAIMが良い人はいますが
あなたはその人と同じようなスペックや才能がありますか?
一度考えてみてください

AIMの段階を整理してみました

画像7

正直、X帯の人でも②や③ができてない人が多いです
よく「AIMが無くても立ち回りで勝てる」みたいな発言を見ますが
「周りもAIMが無いから立ち回りである程度勝ててる」だけなんです
ってことは逆に考えてみると
「AIMを鍛えるだけで、他のプレイヤーに差をつけることができる」
ということに気付くと思います
それでもまだ「AIM練習は不要」と思いますか?
ゆと式AIM練習は、基礎となる⑤までをイメージして
構築されています

まず最初に大事にしたい考え方

このAIM練習は
・反復練習によって
 運動性記憶を徹底的に体に叩き込む
・正しいからだの使い方を知覚する
ことを基本軸にしています。

これを徹底することにより
・コンディションの安定
・練習期間が空いてもすぐに感覚が戻る
・センス関係なく高水準のAIMを手に入れる

・反射的にAIMができる
といった能力を獲得できます

その為
”的を狙うのではなく感覚で当てれるようになる”
ということを目指してください
極めるとこんなことができます

体がAIMをおぼえてるので
的を見なくてもある程度のAIMコントロールができる訳です
プレイにも余裕がでますね

・「基礎力向上」と「調整」を分けて考える
これについては記事にしているので
一度読んでみてください

基礎力向上:長時間やる
調整:5~15分

みたいに、その時々に応じて練習を変えてください
毎日長時間やるのがしんどい時は
日によって「調整の日」と「向上の日」に分けるべきです

・体の使い方を意識する
基本的にこの練習は「体に覚えこませる」事が大事です
その為、体の使い方を意識して反復しないと意味がありません
全てのステップにおいて
体の使い方を意識してやるようにしましょう

その為、ステップ0と1が最重要です

・練習をする時は「体の確認」から「ゆっくり」行う
この練習は体の使い方が何よりも大事です
その為、調整でも向上でもこの練習をする時は
必ず「体の確認をゆっくり丁寧にする」ことから始めてください

いきなり速くやろうとすると、体の使い方が雑になり
それによって正しい使い方を忘れてしまったり
雑な使い方が身に付いてしまいます。
まず、自分の持ってる正解を確認してから練習しましょう

・外しても当たるまで打ち続けるのはNG
全ての練習は実践を想定してやります
その為「外したのに合うまで打ち続ける」という行為は
「棒立ちで敵に弾が当たるまで打ち続ける」というクセになります
外しても、最後までやり切って下さい
失敗するときは潔く最後までやってください
ゆと式は「瞬間で敵の硬直を打ち抜く」を想定した練習です

速度は徐々に上げる考え方としては筋トレと一緒です。
いきなり全くできないレベルの筋トレをしても体を壊すだけですし
できるレベルの少ない負荷を続けても、強い筋肉は身に付きません

より強い筋肉をつけるには「できるかどうか際どい」
ところのチャレンジをし続けることが大切です。
速度に関しても同じ。
「できるかどうか際どい」速さで
少しずつ挑戦してください

・感度について
感度は「答え」というものがありません。
上位勢で感度2の人もいれば
5の人もいるため結局
「正確に最速でAIMできる」
を満たしさえすれば何でも良いかと思います。

これについて記事を書いているので
そちらも参考にして頂けると嬉しいです

さて、それではいよいよ本格的な説明に入ります

この続きをみるには

この続き: 5,735文字 / 画像2枚

【プロもオススメ】ゆと式AIM練習【敵を倒して超爽快!】【祝累計300部】

誰でも上達スプラ塾

4,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
誰でも上達スプラ塾

支援頂いたお金は活動の資金とさせていただきます。これからもよろしくお願いいたします

応援ありがとうございます!
初心者教育の体系化、基礎知識の流布、スポーツ等のように「教わる」環境の整備を目指します。考え方の軸や自分で上手くなる基礎を作ってもらう事を大切に指導教育活動中。ここでは主に、より専門的な有料記事の掲載をしていきます