新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

会社が買収されてなくなってから、リモート入社のお知らせをもらうまで

感覚は起こっている状況にすぐに慣れてどんどん上書きされていくので、
記録しておこうと思う。

2020年のイメージは、景気がいい、待ちに待った感のある一年になると思っていたし、物語もAKIRAではなく、なんならフォロワーズの世界感みたいな、キラキラ東京がなりたつような。
でも、もうその感覚も遠く感じる。

1月 20日週〜2月 10日週らへん

・世の中:コロナのニュースは出始め
・起きたこと:Origamiが買収されることを知る(1月23日)
・130人くらいで一斉に転職活動(Facebookに日本一アツい転職情報スレットが自然発生的に立ち上がった)
・気づき:昨今の転職事情の変化に驚く(リファラル採用、カジュアル面談が多い)プチOrigami効果
・よかったこと:生きる力がついた。戦友たちが各界にちり、セイフティネットも形成された気がする
・感覚:会社が無くなるなんて想定外、人生っていろいろある、めげずに次をみて行動だ。thank u, next!

画像2


2月 10日週〜2月 17日週らへん

・WHOが新型コロナウイルスの正式名称を「COVID-19」と命名(2月11日)
・つきづきとイベントが中止になり出す
・感覚:3月入社で動いている元同僚も多いが、私はあせらず4月くらいから働けるくらいの気持ちでじっくりやっていこう


2月 24日週

・リモートでの面談、面接が増え出した
・買い占めも始まった
・akira予言の日(2月28日)


3月 02日週

・起きたこと:無職になる、ひとりオフィス見納めの儀開催(2月29日)

画像3


・ブラックスワンを知り、警戒をしだす
・感覚:じっくり次の会社を探そうと思っていたが、
これは急がないとまずそう

3月 09日週

・世の中:震災から9年
・ハロワに行く。人が少なく、前に座っていた人が咳を繰り返していたので、隣の席の人があからさまな態度で席を移動していたのが印象的(3月11日)説明会は動画になり、今後の手続きは郵送でできるそう。


3月 16日週

・起きたこと:怒涛の面接週間
・感覚:転職先が決まったら国外は微妙なので、今ならギリ沖縄か小笠原で潜りに行けるかも??(小笠原は手ごろな宿の空室がなくあきらめた)

画像5


フィリピンの水中にて2018年

3月 23日週

・世の中:コロナで自粛が続くようになる
・東京オリンピック延期決定(3月24日)、週末の外出自粛要請(3月25日)志村けんさん死去(3月29日)
・起きたこと:転職先決定、やったぁ!(3月25日)
・気づき:佐久間さんのインスタライブを聞き、「自分も、もし感染者だったら、という気持ち」で動くことにする
・感覚:転職が決まってうれしいけど、旅行も完全に諦めた。
もはやwithコロナでどう日々を過ごすかに重点をおくようになってきた

3月 30日週

・世の中:コロナの状況が悪化
・感覚:いよいよ日本もまずくなってきた、サバイバルな気持ち

画像5

しるしさんの4月カレンダー


4月 6日週 


・世の中:日本でも緊急事態宣言が出るもよう
・リモート入社決定(6日)
・気もち:note社名変更のニュースとメッセージに胸アツ
→今ココ

明るいニュースは人を元気にするなぁと実感。
刻々と状況は変わっていくけれど、
わたしもnoteという街をつくっていく一員として、
週明けからがんばっていきたい。

画像4

  


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい
11
designer/宮城県生まれ、豊島園在住の松坂世代。 広告制作でクライアントワークに従事し、事業会社のインハウスクリエイティブチームをへて、note社に。 禁断症状が出るもの/ラジオ、映画、犬、旅、ダイビング、フェス、キャンプ、コーヒー、グミなど。