マガジンのカバー画像

むすぶば /たべるば イベントレポート

7
シャポー市川にあるむすぶば /たべるばで実施イベントの記録です。
運営しているクリエイター

記事一覧

できるってうれしいね!〜ハートブリッヂ想いの架け橋〜@むすぶば

11月12日(金)、13日(土)の2日間、 「できるってうれしいね!〜ハートブリッヂ想いの架け橋〜」を開催いたしました。 ユニバーサルデザインの衣類や教玩などの展示と、市内の特別支援学級の生徒さんの作品展示を行いました。 市川市内には、特別支援学校や福祉施設が多いことをなんとなくは感じていましたが、その関心の深さを決定づけるイベントとなりました。 ■市川駅と二俣新町展示をしてくださったハートブリッヂは、むすぶばと同じ、市川市内にあります。 市川市は南北に長く、むすぶば

スキ
1

人と人をつなぐ夏ギフト2021@むすぶば

■夏ギフト、どうする? 7/1(木)-7/29(木)の期間中、夏ギフトの商品をむすぶばにて展開しました。 シャポー市川で発行している「SUMMER GIFT CATALOG 2021」に掲載されている商品を題材に、 カタログを「立体化」し、実際に商品を見みていただく企画です。 毎年恒例の夏の贈りもの。 ただ商品を並べるだけでは面白みがないよね、 スタッフで話し合い、ある工夫をしました。 ■手紙を添えよう! 商品の横にある言葉、何だと思いますか? 答えは、「手紙」です!

スキ
3

ニューボーンフォト写真展

近年日本でも話題になってきた、生後14日目までの新生児の赤ちゃんを丁寧にポージングし、撮影する「ニューボーンフォト」。 4/12(月)~4/29(木)の期間、2人のフォトグラファーが撮影した作品を市川むすぶばにて展示しました! ■そもそもニューボーンフォトって?? そもそもニューボーンフォトとは何なのか、皆さんご存知ですか? ニューボーンフォトとは新生児の写真のこと。 身体も柔らかく、ママのお腹の中にいたような姿にポージングできる生後14日目までに撮影する写真のことなので

スキ
2

Shun Shirai写真展~夏のいちかわ 思い出の風景~開催後記

2020年8月8日~9月3日、 コロナ休業明け一発目のイベントとして、地元のフォトグラファーShun Shiraiさんによる 「Shun Shirai写真展~夏のいちかわ 思い出の風景~」を開催しました。 ■救世主 Shun Shirai Shun Shirai 市川に住んで30余年。 ふるさと市川の⾵景を撮り続ける街かどフォトグラファー。 2016年からSNS「いちかわの魅⼒新発⾒&再発⾒」を通じて世界へ市川の⾵景を発信し、インスタグラムのフォロワーは1.5万⼈超。市川写

スキ
2

「むすぶば 」が「ますくば」へ。

2020年9月11日~9月27日、むすぶばを「ますくば」に変え、マスクの展示販売を行いました。 一時期のマスク争奪戦から季節はめぐり、おしゃれの秋! マスクが生活必需品になったこの時代を楽しむ、withマスクなイベントを開催しました。 ■顔!顔!顔! むすぶばの中に入らなくてもわかる、壁一面の顔! インパクトのあるこの顔用に、マスクのぬりえを用意しました。 笑顔の人にもマスク、哀愁ただよう人にもマスク、とりあえずマスク! 定期的に除菌をし、ソーシャルディスタンスを保ちなが

スキ
3

エドロックジャック

2020年10月3日~11月3日まで、むすぶばがエドロック一色になりました。 長いようで短かった1か月間の記録です! ■エドロックがむすぶばをジャック!毎年11月3日は、老若男女が地域や国境を超え、江戸川でお祭り騒ぎ。 河川敷を会場に、音楽ライブやアートコンペ、ワークショップなどを行い、出店やキッチンカーも集まります。 地域のおまつりというよりは、”フェス”という言葉がぴったりの「エドロック」。 しかし今年はコロナの影響で、江戸川河川敷でのライブや出店をせず、参加者それぞ

スキ
2

本八幡botからの挑戦状

2020年9月11日~10月2日、人気Twitterアカウント本八幡botさんの謎解きイベント「本八幡botからの挑戦状」を開催しました。 オンライン上でのコミュニケーションの大切さが際立ったコロナ禍。 市川駅にあるシャポー市川を拠点とする「むすぶば」は、オンライン上ではあまり存在感がありません。 時代が変わっていくのを目の当たりにする中、 本八幡駅近辺の情報を発信し、Twitterで1万人以上のフォロワーがいる本八幡botさんに、手がかりを求め、本展を企画しました。

スキ
2