見出し画像

【24年05月版/208問収録】Google広告認定資格(ショッピング広告)解度テスト問題と解答

※ 23年8月6日 2問追加しました
※ 23年9月6日 1問追加しました。
※ 24年2月25日 7問追加しました。
※ 24年5月12日 4問追加しました。

Google広告認定資格測定の試験を受け、最高96%で合格しました。

この記事は、Google広告認定資格(ショッピング広告)理解度テストの合格を目指す方に向けた問題と回答のテキスト集です。
実際に90%以上で合格している筆者が実際に解いた問題から、傾向と対策を分析し作成した問題集となっています。

どのような問題がでても対応できることを目指し、多くの問題パターンを作成しております。実際の問題は毎月解いており、常に最新情報にアップデートされるように心がけています。

また、勉強に活用しやすいように解説を随時追加しています。(一部解説がないものもございますのでご了承ください)

最初の3問は無料で提供させていただき、それ以外は購入いただいたら見れるようになっています。

購入前に下記の注意点をご確認下さい。

※確実な正答を補償するものでない点はご了承ください。
※広告スキルアップの勉強やテスト等でご活用ください。
※探す際は、Ctrl+Fで探すと時短になります!
 探すときは部分的にコピーしてお探しするのをおすすめします
※回答は“太字”で表示しております。

ではさっそく行きましょう!


1.サラさんは、Google Merchant Center アカウント作成中に、払い戻しポリシーがないことに気づきました。特定の設定をしないと、現在の設定では払い戻し不可です。次にするべきことをお答えください。

・何もする必要はない。ランディング ページに払い戻しポリシーを追加する必要はない。払い戻しに対応する企業にはこのポリシーが必要だが、それ以外の場合、すぐに参照できるようウェブサイトのフッターに追加されていなくても違反ではない。
・返品と払い戻しのポリシーをウェブサイトのフッターに追加することを検討する。返品や払い戻しが不可であっても構わないが、その旨を明記した払い戻しポリシーを、すぐに参照できるようランディング ページに掲載する必要がある。
・払い戻しへの対応を開始し、返品と払い戻しのポリシーを、すぐに参照できるようランディング ページのフッターに追加する。ショッピング広告を掲載するには、この 2 つの要件を受け入れる必要がある。
・免責条項があることを確認する。払い戻しに対応しているかどうかにかかわらず、免責条項があれば、ウェブサイトのランディング ページに払い戻しポリシーを掲載する必要はない。

■解説
Google Merchant Centerでのショッピング広告を運用する際、ウェブサイトには払い戻しポリシーが表示されている必要があります。このポリシーは、返品や払い戻しの可否を含めた詳細を顧客に提供するものです。ポリシーはクリアで簡単にアクセスできる場所、例えばウェブサイトのフッターに掲載することが推奨されます。

2.通常のショッピングキャンペーンで使用できる入札戦略を2つお答えください。

・拡張クリック単価(eCPC)
・視認範囲のインプレッション単価(CPM)
・目標広告費用対効果(tROAS)
・コンバージョン値の最大化

■解説
拡張クリック単価(eCPC):この戦略は、Googleが自動的に入札額を調整し、コンバージョン(目標達成)の可能性が高いクリックに高い入札を行う方式です。
目標広告費用対効果(tROAS):この戦略は、広告費と得られた収益の比率を基に入札を行うもので、特定の収益目標を達成することを目指します。

これらの戦略は、広告のパフォーマンスを最適化し、ROI(投資対効果)を高める目的で使用されます。

3.ショッピング広告は、どう目標達成に役立ちますか。下記の中から、3 つ選択してください。

・アプリのダウンロードを促進する
・トラフィックを増やして販売を促進する
・ユーザー エクスペリエンスを向上させる
・データを使用して成長を促進する
・見込み顧客と連絡先を獲得する

■解説
トラフィックを増やして販売を促進する:ショッピング広告は商品の視覚的な表示を提供するため、ユーザーが興味を持ちやすく、ウェブサイトへのトラフィックが増加します。これが販売の増加につながることが多いです。
ユーザー エクスペリエンスを向上させる:ショッピング広告は商品の画像や価格等の重要な情報を直接表示するため、ユーザーが必要な情報を簡単に入手できるようになります。
データを使用して成長を促進する:広告キャンペーンから得られるデータを利用して、マーケティング戦略を洗練し、ビジネスの成長を促進することが可能です。

ここから先は

59,336字
この記事のみ ¥ 650

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?