見出し画像

【海外ポーカー】2019年1月 韓国旅行

ゴク

こんにちは ゴク(@gokushitekiblog)です。
年明け早々に2019年1発目のポーカー旅行を決行してきました。新年最初の勝負の舞台に選んだのは昨年ボロ負けを喰らった因縁の釜山に決定。


飛行機とホテルの確保

年末年始に旅行に行ける人は上級国民ということで思いっきり底辺を這いつくばっている自分は正月休みが終わったタイミングで出かけることにしました。昨年12月にもソウルにポーカーを打ちに行ったので無理して1月中に行かなくてもいいかなと思っていたのですが、やっぱり大勝ちして帰ってくると駄目ですね。ソウルから帰国して1週間も経たない間からポーカー打ちたくてウズウズしておりましたw


いつものようにチェジュ航空で釜山行きの航空券を探すも日程が合わない、微妙に値段が高くなっているといった感じであと一歩背中を押してくれる要素が足りないというか「行くぞ」という気持ちにならない・・・


チェジュ航空は駄目だということで以前1度だけ利用したことがあるエアプサンにサイトを覗いてみると


画像1

少し高いですがチェジュ航空に比べれば断然安い上に日曜の夕方には帰ってこられるということで妥協してこのフライトを予約しました。


画像2

同じ日程でいつもの東横イン海雲台1を4泊予約。
1月下旬に4泊5日の釜山ポーカー旅行が決定しました。


今回の旅行費用


韓国・釜山    4泊5日

飛行機      12,810円

    ホテル 4泊  約16,400円(現地通貨払い)

 合計       29,210円


今回は飛行機代がちょっと高くなってしまいましたが日曜日の夕方に帰国できるという点と今年から新たに導入された「出国税」が加算された分が影響していると思います。

釜山行きの場合は受託手荷物無しの最安プランで1万円切る値段もあるだけに今回は割高感が否めません。この値段でも十分安いとは思いますが一度最安プランで乗ってしまうとなんだか損した気分ですがそれでも3万円以内には収まっており1バイイン分と考えれば・・・


ポーカーで勝てばいいんです。


1日目

特にトラブルも無く釜山に到着。機内で1人作戦会議を開催するも何も思い浮かびませんでした。
昨年9月以来なので約5ヶ月ぶり。いつもは早朝便で来ることが多かったのですが今回は昼過ぎに到着ということでイミグレが激コミになっており


画像3

抜けるのに30分以上かかりました。


画像4

画像5

ここからいつもの流れで金海軽電鉄で沙上まで行き地下鉄2号線に乗り換えて海雲台へ。


画像6

もう何度も来ているので迷うことも無く約1時間後に海雲台駅に到着。
真冬のオフシーズンなので海雲台ビーチも閑散としているのかなと思っていたらそうでもなく結構にぎわっていました。


画像7

海雲台海水浴場入り口からパラダイスホテルの方向に歩いて行く途中でドローンを飛ばしている集団に遭遇。

youtuberとかが商品レビューで紹介している感じのドローンでは無くかなり大型の業務用ドローンで海雲台ビーチ一帯を撮影しているっぽかったのでテレビ局か映像製作会社かなんかなんでしょうが普通に観光客が大量にいる状態で超大型の業務用ドローンを低空飛行で何台も飛ばしており若干身の危険を感じつつ30分ほど海沿いをプラプラした後ホテルにチェックインしました。


荷物を置いてカジノへ


画像8

自分はホテルにチェックインして特に用事が無い場合は即風呂に入るというのがいつものルーティーンなのですが今回は何故か荷物を置いてすぐにカジノへ向かいました。

ポーカールームの営業は夜からなので今からカジノへ行っても当然クローズしている訳ですが昨年末あたりに早めに行くと$50もらえるアーリーバードなるキャンペーンをやったり屋外にポーカールームののぼりを立てたりとにわかに集客に本気を出してきた感がある様子がfacebookのページから伝わってきて密かに期待しておりました。

また営業時間のとこが18:00~ではなく24時間営業に変わっていたのでもしやウォーカーヒルみたいに24時間営業に変わったのか??とこれまた自分に都合がいいように解釈してニヤニヤしておりました。

ホテルから徒歩2分なので百聞は一見にしかずということで散歩がてらカジノへGO!!


ポーカーテーブルが見当たらない

平日の15時過ぎというタイミングでカジノへ入場。やや閑散としている場内。相変わらず中国人が多くてバカラ卓に群がっているのはいつもの光景ですがやっぱり夜に比べると全然人が少ない。取り敢えずポーカールームをめざして奥の方へ進むも・・・


は??


ポーカーテーブルがあるはずの場所はスロットコーナーになっていました。
配置変えたのかなと思い元々スロットがあった場所に行ってみるとVIP用のブラックジャックコーナーになっておりブラックジャックテーブルが複数配置されていました。


???


そこら辺歩いていたディーラーを捕まえてポーカーテーブルどこよ??と聞いてみると3階に移動したとのこと。でもまだ営業時間じゃないと言われ淡い期待を抱いていたポーカールーム24時間営業は無しと判明。


気を取り直して3階へ

確か3階ってVIP専用フロアだったはず。
もしや本気でポーカールームのテコ入れをしてきたのか??w
などとブツブツ言いながら3階へ行くも誰もおらずテーブルだけが並べられているフロア。ポーカー用のテーブルを4台ほど確認しました。


てか2台増えてるwwww


3階フロアに誰も居なかったので詳しい話は聞けませんでしたが昨年末にプロモーションをしていた上にフロア変更で3階に移動してテーブルも増えているということでこれはガチで釜山のポーカールームが本気を出してきた模様。

この後に非情な現実に直面するとはつゆ知らず、能天気な自分は年明けから縁起がいいぞと鼻歌を唄いながらご機嫌モードでホテルに戻りました。

続きを見る

2019年1月 韓国旅行

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!