GETJIRO_ポストカード_裏

GET JIRO!

【極太巻きの朗報】
日本よ、これがゲットジローだ!
手に寿司握るマグロ解体級のイカれグラフィックノベル『GET JIRO!』が満を持しての邦訳化!!
カリフォルニアロールなんぞ注文するヤツぁぁぁ!――自慢の刺身包丁で客・即・斬のバトル寿司職人、我らがジロー大将が遂に日本上陸!!!

血湧き寿司踊る異色のバイオレンスグルメコミックを生み出したのは、ベストセラー作家で人気料理&旅番組『アンソニー世界を喰らう』でも有名なアンソニー・ボーデイン。ラングドン・フォス、アレ・ガルザによるダイナミックなアートも加わって、食文化と社会を風刺したクレイジーな新食感スタイリッシュ・コメディが誕生した。血と寿司にまみれたジローの悲しくも美しい前日譚【Blood and Sushi/邦題『血と寿司』】も同時収録の豪華二本立て。


あらすじ


【GET JIRO! 本編】 

JIROを制す(GET)ものが、食(世界)を制す(GET)!
それほど遠くない未来のロサンゼルス――この街ではシェフたちが犯罪組織のボスのように君臨し、人気レストランの席をめぐって人々は殺し合い、今まさに血まみれの料理戦争が勃発しようとしていた。街を二分する組織の一方は、世界中の食を融合させてエキゾチックなテイストを作るボブ率いるインターナショナル派。もう一方は、ローズ率いる有機野菜を使った健康食のみを提供する菜食主義派。そしてこの大混乱の最中に登場したのが、我らがジロー大将その人だ。

この街の片隅で、年代物の檜を使ったカウンターに立ち、鍛え抜かれた包丁で寿司を握る男、それがジローだ。彼は、重大なスシ・エチケット違反を犯す客には容赦をしない。

醤油にワサビを入れてかき混ぜようものならば…

シャリをひたひたに醤油にひたそうものならば…挙句の果てにカリフォルニア・ロールなぞ注文しようものならば…

CHOKッと自慢の包丁で首を刎ねられてしまう。

ごろんと転がる生首の笑顔、死体の隣で畏れながらも寿司を食べるのをやめない金髪男。ジローのスシは絶品である。
両陣営はそんな伝説の寿司職人であるジローを仲間に加えようとするが、彼には別の考えがあった。この仁義なきグルメバトルで生き残るシェフは誰だ!?


【Blood and Sushi/邦題『血と寿司』】 

血と寿司にまみれたジロー大将の過去を描く悲しくも美しい復讐劇。シャープで力強い線で描かれれ、若き日の思い出が紡がれる。

それほど遠くない未来より少し過去の東京――大きな勢力を持つ暴力団組織の組長の息子として生まれたジローの心は、組を継がせたいという父親の想いと寿司職人を極めたいという自らの望みの間で揺れ動いていた。ジローが組織のために働くことを躊躇うなか、組織は東京の地下で動きを活発化させ、兄のイチゴは喜んで汚れ仕事に手を染めているのだった…


GET JIRO!
アンソニー ボーデイン 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
誠文堂新光社のレーベル「G-NOVELS」です。グラフィックノベル/コミック/アートブックなどの電子書籍及び、出版情報を発信中。Graphic!Gravity!!なコンテンツをお届けします。http://g-novelspubli.com/

こちらでもピックアップされています

書籍紹介
書籍紹介
  • 25本

G-NOVELSから発行されている書籍をご紹介いたします。

コメント (1)
たがわ靖之作「夜の料理人」を思い出しました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。