千葉県教員採用試験の教職教養は何が出る?出題範囲一覧を公開!
見出し画像

千葉県教員採用試験の教職教養は何が出る?出題範囲一覧を公開!

どうも、福永(@kyosai365)です。

画像1

▶︎ ブログ :「教採ギルド
▶︎ Twitter:「@kyosai365

このnoteでは千葉県・千葉市県教員採用試験「教職教養」の出題範囲を紹介しています。

試験科目や傾向は下記記事で解説しているので、はじめて勉強する人は確認してみてくださいね。

千葉県教員採用試験の科目別出題範囲一覧

画像2

千葉県教員採用試験の教職教養は科目も範囲も膨大なので、どうせ勉強するなら負担を減らして勉強したいはず。

そんな要望を満たすのが、ここで紹介する「科目別出題範囲一覧」です。

画像3

※●は1問、◎は2〜3問の出題を意味します。

「科目別出題範囲一覧」はこのように、過去10年間の出題を分野ごとにまとめたデータとなっていて、どこが頻出なのかを把握することができます。

表を見ると、千葉県の教育原理は「学習指導要領」が10年連続で出ていることがわかるはずです。同じように「特別支援教育」が9年間、「生徒指導」が8年出題されていますが、その他はほとんど出ていません。

このように出題範囲を知らずに13分野すべての勉強をするのか、それとも出題範囲を把握して頻出分野に絞って勉強するのかで負担はかなり違ってきます

科目別出題範囲一覧を使うべき人

画像4

僕の指導経験を踏まえると、以下の人は「科目別出題範囲一覧」がおすすめです。

★おすすめする人
・「何から」「どこから」勉強すればいいか悩んでいる人
・一次試験の倍率が2倍を切る校種・科目を受ける人
・短期間で6割〜7割を狙いたい人

★「何から」「どこから」勉強すればいいか悩んでいる人★

勉強できない人は「何をやればいいか」悩んでいる場合が多いです。

なので、「どこがでるのか」わかればすぐにスタートできるので、出題範囲がひと目でわかる「科目別出題範囲一覧」がおすすめです。

★一次試験の倍率が2倍を切る校種・科目を受ける人★

一次試験の点数は最終合否には影響しません。

そのため倍率が低い校種・科目を受験する人は必要最低限の勉強をして論文や面接の対策に時間をかけたほうが最終合格しやすいです。

倍率を確認したい場合は、下記記事をご覧ください。

★短期間で6割〜7割を狙いたい人★

試験まで残り期間が少ない場合にもおすすめです。

時間がないからこそ、無駄をどんどん省くべきですからね。科目別出題範囲一覧を使い必要な部分のみサクッとやって6割〜を目指すときにも活用できますよ。

逆に完璧主義の人や一次試験の倍率が3倍を超える場合はおすすめできないかもです。

科目別出題範囲一覧の使い方(勉強方法)

画像5

ここで紹介する科目別出題範囲一覧は過去問と参考書「オープンセサミ」の目次を使って作成しているので、該当分野を読み込めば、すぐに勉強することができますよ!参考書によって目次は少し違うかもですが、十分に応用できるので活用してみてください。

科目別出題範囲一覧は、過去問から出題率を予想するツールなので、傾向通りの問題(6割〜7割)には対応できますが、これだけで高得点を狙うことは難しいです。

とはいえ、出題傾向を何も知らずに勉強するなんて、ゴールのないマラソンをするのと同じくらい無謀なことですからね。

今回は特別に過去3年分(2021年実施〜2019年実施)の科目別出題範囲一覧を無料配布しています。全科目のデータが揃っているので、参考にしてみてください。

なお、過去10年分(2021年実施〜2012年実施)の科目別出題範囲一覧が必要な場合は有料(¥1,480)での配布となります。このままnoteを読み進めてダウンロードしてください。

対策に使える時間は全員同じですが、どう使うかはそれぞれ違います。時間を有効活用して合格を目指しましょう!

この続きをみるには

この続き: 63文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは①教養試験 | ②個人面接の有料noteを読むことができます。1冊ずつ購読するより20%安く読むことができるので、本気で合格を目指す方におすすめです!

千葉県教員採用試験の合格に必要な有益情報をまとめています。

または、記事単体で購入する

千葉県教員採用試験の教職教養は何が出る?出題範囲一覧を公開!

福永真@教採アドバイザー

1,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
教員採用試験の情報サイト「教採ギルド」のオーナー(編集長)です。 Twitterやブログでノウハウや教育論を発信中! ▶Twitter⇒https://twitter.com/kyosai365 ▶ブログ⇒https://schoolsict.net/