神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市教員採用試験 出題傾向一覧

どうも、福永です。

この記事では「神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市教員採用試験の教養試験」を徹底分析し、出題傾向をデータにまとめました。

このデータを使えば、

・科目ごとの出題傾向がわかる
・優先して勉強する分野や資料がわかる

この2つが分かれば、対策が難しい教育時事や教育法規などの傾向を知ることができます。

何をすればいいのか、このデータをみれば一目瞭然!

仕事や学校で分析する時間も惜しいと思うので、この分析データを提供したいと思います。

2019年(令和2年度)実施問題のデータも反映済みです。

※過去問を5年分分析しています。やろうと思えば個人でも分析は可能ですが、そんなに時間とれますか?
※福永個人の見解です。
※一部有料(500円)記事となっています(それだけの価値があると思っています)

神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市教員採用試験 よくでるところ

過去問分析をすると、科目の中でよくでている部分まで知ることができます。

例えば教育原理では「特別支援教育」から100%出題があります。

神奈川県 過去問

さらにいえば、「法令」に関する問題がでています。

2神奈川県 過去問

つまり、特別支援教育を勉強するときは法律について勉強すれば点数をとれる可能性が高まるということです。

また、国語についても5問ほど出題があります。

傾向を見ると、「文章読解」と「古文」は100%出題されています。

また「短歌」と「俳句」が交互に出題されていることもわかりますね。

はいく

こういったデータをもとに勉強計画を立てれば少ない時間を有効活用することができますね。

分析データ(PDFデータ)は下記へ

この続きをみるには

この続き:35文字

神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市教員採用試験 出題傾向一覧

Makoto Fukunaga(福永真)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
教員採用試験ブログ「教員採用試験 Road to Success」(https://www.kyosai365.onine)運営。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。