新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
GMOインターネットグループ_在宅勤務レポ

【GMO緊急在宅レポ】ウイルス感染防止で全社4000人が在宅勤務になった話。

こんにちは!技術広報のちはっぴーです。

今更ですが、私はGMOリサーチというGMOインターネットのグループ企業で働いております。

GMOインターネットグループといえば・・・

▼GMOインターネットグループ 新型コロナウィルスの感染拡大に備え在宅勤務体制へ移行
https://www.gmo.jp/news/article/6641/

こちらのニュースでご存知になられた or 気になってくださった方が多いのではないでしょうか。4000人が在宅勤務って、中々インパクトの大きいニュースですよね…!一社員としてもかなり、相当、大層、マジで驚きました!

ということで、いやいや実際在宅勤務どんな感じなん???ほんとにみんな在宅しとるんか〜???と気になっている方のために、GMOリサーチ内部の実態をお届けするべくこのブログを書いています。

もともと在宅勤務できる体制は整ってたの?
実際に全員が在宅勤務になってみて不便はない?
普段とどの辺が変わった?


などに興味を持っていただけるかたは、ぜひ読んでみてください☆彡

【1月26日(日)】衝撃の全社4000人在宅勤務宣言

1月26日(日)、いつも通りツイッターを見ていたら突然目に飛び込んできた「GMO」の文字。

お、うちの会社の話じゃん!と目を向けると「GMOインターネットグループ 新型コロナウィルスの感染拡大に備え在宅勤務体制へ移行」といった内容のニュースでした。

にわかには信じられずども、何度読んでも繰り返される「2週間をめどに在宅勤務といたします」。繰り返し読むうちにこれは現実のことで、うちの会社は明日から2週間在宅勤務なんだ…とじわじわ実感が湧いてきました。

この時点では会社から連絡はなかったのですが、その後chatworkにてGMOリサーチとしての対応が社長により発表されました。

***

※下記、ブログ用に内容を短縮しています。

■出勤に関する対応方針

①明日(1/27)は原則自宅からの在宅勤務となります。

②公共交通機関の利用は原則禁止となります。
この目的は、感染の主な理由が人から人ですので、人混みを避けるためです。

③1月27日(月曜日)にPCを持ち帰る為の出勤は許可致します。

④出勤時には、入室(フロアー)前に、必ず、手洗い、うがいを実施して下さい。また、外部からの感染防止が目的でありますので、ビルに入館後は、外出することは、お控え下さい。

⑤来客・訪問アポイント・会食・出張等は原則再調整願います。
※お客様の来客アポイントは、ZOOMや延期等の調整をお願いします。
※お客様への訪問アポイントも、延期等の調整をお願いします。

⑥在宅勤務期間は、原則2週間を予定していますが、状況に応じて短縮もしくは延長の可能性があります。


***

ということで。

日曜日に在宅勤務実施発表があり、その次の日から早速在宅ということに。

実は、このスピード感には訳がありまして。

3.11の大地震以来、GMOインターネットグループでは有事に備え、毎年1回全社在宅勤務の日を設けておりました。

そのため、2週間の在宅勤務決断から実施までのリードタイムが約1日弱と短かかったのです。

とはいえ、もちろんPCを持ち帰っていないメンバーもいたので、彼らに関しては27日(月)に会社に取りに行くorマネージャー陣が自家用車で自宅付近までPCを届けることになりました。

【1月27日(月)】在宅勤務開始1日目の様子

在宅勤務開始1日目の弊社の様子。かなりがらーんとしています。

この日は諸々の対応のため管理部が数名、徒歩か自転車及び自家用車でPCを取りにこれる人が数名、またPC配達のためにマネージャー陣が数名出社しておりました、が、それ以外は完全に在宅です。

画像1

また、周辺の混雑地域への接触を避けるため、やむなく出社した社員に向けて「yoursランチ(社食)」が開放されていたようです。

いつも行列ができていますが、この日はかなり人が少ない。

画像2


あれ、この写真を撮ったのは誰?とお気付きのみなさんは鋭い!この写真はシステム部QAチームの大山氏によって撮影されました。

オフィス近隣在住という理由でシステム部で唯一出社していた大山氏は、在宅勤務のアナウンスを見ないまま出社してしまった人に対応するため、がらんとしたオフィスで待機任務にあたってくれていたそう(実際一人いたらしい)。

そして17時頃にマネージャー陣によるPC配達が完了し、ここからは全員が通常業務に当たれる状態となりました。


GMOリサーチ内での対応

弊社では、在宅勤務中諸々の事象を下記のように対応しています。

社内コミュニケーション(Chatwork / Slack)
普段からChatworkやslackを用いてチャットでコミュニケーションを取っているので、特に変わらず。
ミーティング(zoom)
システム部では朝礼・終礼を毎日朝10時と夕方16時に実施しているので、そちらはzoomを使用しての実施に。その他のミーティングも、基本的には特に延期したりせずオンラインで完結させています。

画像3


実際に在宅勤務をやってみた感想

通常、弊社では業務キャッチアップ後から在宅勤務が一定の条件のもとに許可されており、フルリモート勤務に関しても条件付きで可能になっております(※社内では現在3名がフルリモート勤務中)。

特にシステム部ではPC上で完結する作業が多いため、他部署に比べ在宅勤務制度を利用している人が多い状況です。

ただ、基本的にはほとんどのメンバーが毎日渋谷のオフィスに出勤しているため、今回の在宅勤務はみなさんにとってイレギュラーな出来事。

ということで、実際に急遽在宅勤務を始めてみた率直な感想を聞いてみました。

***

在宅勤務の環境構築に少し時間がかかったが、整備してからは結構快適。家族からの、仕事に対する理解も深まる気がする。一方で、OJT中のメンバーの業務に関してはリモートでやりづらいところがあり、もう少し工夫が必要だと感じた
初日はPCを取りに行ったり、自宅での作業環境を整えること優先になってしまいあまり作業ができませんでしたが、翌日からは問題なくできました。通勤時間が短縮されて快適に感じます。ちょっと腰痛が出てきてしまったので、良い椅子を買いたくなりました。
生活サイクル変化に意識して対応必要。通勤時間のスキマ時間が消えたとか。家族と触れ合う時間が増えるのでそれはそれでよい。会社に置きっぱなしのHHKB(キーボード)使いたい。。。

***

他にも「ちょっとしたコミュニケーションが取りづらい」「電気代が少し気になる」「仕事に集中できる」などの意見がありました。

中でも、マイナス意見で圧倒的に多かったのが「腰が痛い、画面の文字が見辛い」などの作業環境に関するもの。突然の在宅勤務命令だったので、準備が追いつかなかった方が多いのだと考えられます。

快適な椅子に大きなディスプレイが恋しい・・・。会社って、とっても仕事しやすい環境だったんだなあ・・・と、個人的には強く感じました!

世間の反応

ツイッター上では在宅勤務のニュースに関してこのような意見が寄せられていました。また、朝のニュースでも取り上げられるなど世間でも大きな話題になっていたことがうかがえます。

感想

正直、この在宅勤務に関するプレスリリースを見たときは「一本取られた」と思いました(誰目線だという話は置いといて)。

実際に私たち社員のウイルス感染を防ぐことはもちろん、全社的に在宅勤務の号令をかけた企業のファーストペンギンとして、世間から高い評価を得ることにも成功していたからです。

また、家族や友人に「いい会社だね〜」と褒められて嬉しかったのは、きっと私だけじゃないはず。

もちろん、急な在宅で作業効率が落ちる場面もあったかもしれません。

しかし、オリンピックに向けての在宅訓練にもなりますし、「備えあれば憂いなし」の「備え」部分には何が必要なのかを認識できるいい機会だったとも思います。

それでは、あと1週間在宅勤務で通常通り業務に励んでいこうと思います!

最後まで読んで下さってありがとうございました!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
GMOリサーチシステム部のnoteアカウントです。