見出し画像

国際税務戦略とは

海外展開に興味のある税理士

タックスプランニングと言い換えてもいいのかもしれません。
いろいろなアプローチがあると思いますが、私が考える国際税務戦略は、「日本国内での課税の最小化」と「国外での課税の最小化」の合わせ技です。

これをすることで、連結ベースの損益計算書上の実効税率(法人費用/税引前当期純利益)に影響が出てきますので、実効税率の推移をモニタリングすることで効果の測定ができます。

では、「日本国内での課税の最小化」と「国外での課税の最小化」における注意すべきポイントとは何でしょうか。

次のように整理できます。

日本国内での課税の最小化
 ●海外への移管
  ・移転価格税制
  ・組織再編税制

国外での課税の最小化
 ●支店か子会社か


 ●低税率国への移管
  ・タックスヘイブン税制
 ●日本への資金の還流
  ・配当
  ・ロイヤリティ
  ・外国税額控除
 ●現地国の税制

国際税務のテキストが1冊できる内容ですね。
これから、それぞれのテーマについてまとめていきます。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
海外展開に興味のある税理士
国際税務戦略と財務戦略の提案をメインにしています。ドイツハンブルクに駐在後、国際税務を専門としていますが、海外移住、海外投資についても日々研鑽しています。 https://k-globaltax.tkcnf.com/