見出し画像

ボドゲ/制作秘話というほどでもない話

Tip3'S*araco*

ボードゲーム「違う。そうじゃない」。
クラファンまでに1人の方にでも興味を持っていただきたいので、少し制作のお話を。

面白いゲームは世の中にたくさんあって、ものすごく有名でたくさんの人が何どでも遊びたくなるゲームを作れる人って本当に凄いなと思います。

今回、弊社では3本のボードゲームのリリースを控えているわけですが
ここまで(カード製作まで)くるのに、何ヶ月もかかってしまっています。

一番おもしろい時期は「思いついたとき」。
その後、少し肉付けして、ほんわりとしたものをみんなに発表して、
「いいね!」という反響があれば進むことができます。
そこから違う「頭」で考えてみんなが面白いと思ったりしたことをどんどん追加していきます。

↑↑ ここ辺りまでは楽しい作業です。↑↑ 

あとは、テストして修正して・・・テストして修正して・・・・

発案者は1人ですが、「違う頭」で考え出したときから、分担作業がはじまっているので、制作が進むにつれ
「方々に見積もりを出す人」
「説明書を考える人」
「デザインを考える人」
「カードデザインを一緒につくる人」
「チェックする人」
「印刷会社に問い合わせする人」
「カードの丁合いをする人」
「カードのセットをする人」
「パッケージをシュリンクする人」
「商品写真を撮る人」
「ゲーム動画をつくる人」
「webサイトをつくる人」
「販売方法を考える人」
「クラファン関係担う人」



などなど、まだまだ詳細作業はあります。
書ききれないので割愛。

今回私は発案者であり、デザイン関係と印刷関係をメインで担当しました。

なにか「秘話ないかな?」と思い起こしてみましたが、
デザインデータ見たら途中でカードのデザインが変わっていたので
秘話ってほどでもない「裏話?」をひとつ。

カードデザイン変更

こんな感じで初期より変更しました。
好みがあるかと思いますが、テーマカードとヒントカードの裏の絵柄が大量にあると目がチカチカしてうっとおしいかなと思ったので。
なんとなく「やさしさ」込めてみました。

素敵なカードデザインを見ると羨ましくてため息が出ます。
カードのデザインも日々勉強。

あらこ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!