見出し画像

淡路島日本遺産。「松帆銅鐸」が南あわじ市に戻ってきました!

南あわじ市の「松帆銅鐸」が
地元に帰ってきました!

2016年から淡路島の
日本遺産に関わらせてもらってから、
4年の歳月ぶりに、

実物の「松帆銅鐸」を
見ることができました!

今回の企画展にも、
広報の一部だけ
関わらせていただいているので、
なんだか、言葉にできないほどの感動ー!

ーーーーーーーーーー

「銅鐸に何を感動してるねん?」
と思われるかもしれませんが、

・2015年に松帆地域の
砂の中から銅鐸が発見された。

・当時は、どれくらいの価値が
あるかがわからなかったが、
調査を進めるなかで、歴史的に
価値のあるものだとわかってきた。

松帆銅鐸が発見されたお陰で、
文化庁の日本遺産に採択された。

僕自身も形ばかりの
プロデューサーとして
関わらせていただき、

「2000年前から現代に続く、
地元の誇り」をどうすれば
地元に伝えるかの
チャレンジがはじまった。

松帆銅鐸の発見より、
教科書の内容が一部、
書き換えられることになった。

センター試験にも登場し、
NHK「歴史秘話ヒストリア」でも
取り上げられることに。

奈良の文化財研究所で、
精密な研究と展示に向けての
環境整備が進められ、
5年の歳月を経て、一部だけが
返還されることになった!

そして、11月に南あわじ市の
「玉青館」に常設で
展示されることに!

ーーーーー

「古代」なんて、
今まで興味がなかったけど、
知れば知るほどおもしろい、
歴史のこと!地域のこと!

なんたって、今年は、
「日本書紀」編纂、1300年だもの!

、、、人生ってのは、
動けば動くほど、
出会えば出会うほど、
いろんな世界を学べるのだけど、

歴史も食も、人も、
「営み」は全て
繋がっているのだと、
いつも感じさせてくれるます!

いやはや、深いぜ、淡路島。。

▼南あわじ市「松帆銅鐸」ホームページ
 https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/site/matsuhodotaku/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

こちらでもピックアップされています

縮小社会の地域デザイン(まちづくり・地方創生etc)
縮小社会の地域デザイン(まちづくり・地方創生etc)
  • 131本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。