見出し画像

近畿大学の最終講義は、日比谷花壇さんをゲストに

近畿大学文芸学部
アートコミュニケーション論Aの
最終オンライン授業には、
特別ゲストとして、

株式会社日比谷花壇の小堀洋さんを
お招きしました!

そして、「花」にまつわる
さまざまな取り組み、、、

そして、もちろん、
その根っこにある想い、
「花」らしさ、チャレンジを、

全30名超の学生たちに
語りかけていただきましたー!!

いやぁ、愛情いっぱいで、
さらに熱量もいっぱいだった!

ーーーーー

学生たちは、数回の授業の中で、

◆コロナによる
・大阪市内の花が廃棄される問題
・鶴見花博30周年をどう迎えるか問題
・ソーシャルディスタンス

これら3つの課題解決のアイデアを
必死に考えてくれました。

その中で、国内でも
数多くの取り組みを
長年、仕掛け続けている
日比谷花壇さんのお話は、

・社会背景がわかる!
・企業の幅広さがわかる!
・社会の中で小堀さんが楽しそう!

と、身近に感じてくれることが
いつも以上に多かった授業と
なった気がします★

一年生にとってはね、
オンライン授業の中で、
社会人のゲストの話は
なかなか聞けるチャンスが無いみたい。。。

だからこそ、
この貴重な時間を
宝物のように感じてくれた
学生たちもいたくらいでした。

ーーーーー

大人としてはね、
コロナの影響での
オンライン授業なんて、

「あとで振り返ったら、
自慢できるくらいの貴重な体験!」
と言いたいけれど、

当事者である学生たちは、
オーバーではなく山ほどの課題に追われ、
入学後も悲しい時間を過ごしているのは、
紛れもない事実。。。

学生たちが夏休みに参加できそうな
オンラインでも、リアルでも、
そんな企画があれば、

中川の授業を受けた学生たちには、
伝えられますので、
教えてやってくださいませ!

ーーーーー

オンラインだからこそ、
授業終わりにたくさん話したり、
4年生の就職をみんなで拍手したり、
教える側もとても濃密で
楽しみの多い15回でした!

何かあったら、相談しておいでー!
未来ある若者たちよ!

小堀さん、無茶振りに応えてくださって、
ありがとうございましたー!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

こちらでもピックアップされています

教育機関「デザイン思考」講義、その他の登壇
教育機関「デザイン思考」講義、その他の登壇
  • 71本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。