見出し画像

オンライン授業で現場感を学生に伝えるために

近畿大学でのオンライン授業。

自宅で自粛している
新一年生たち(この前まで高校生)に、
どんな学びと気づきを
伝えられるだろうかと考えた時、

第2回からの授業では、
中川の活動紹介として、
毎回、約15分くらいの
iPhone撮影のムービーを
見せることにしています★

学生たちが自宅にいるなら、
教える側が空間を移動したらいい(笑)

はじめは、
西区で休業中の図書館レストランや
店内の客席、厨房の景色を。

その次は、
平野区の農地で大阪市の芝さんを
突然に巻き込んで、
イタリア野菜のケールやビーツの紹介を。

次回は、
福島区でファーストキャビンと
西梅田のオフィス街と、
休業中の鮨屋を。

ーーーーー

まず、畑に行ったことがない彼らは
大阪市の農地の臨場感にビックリして、

さらに、課題解決アイデアを
ビジュアルで理解して、

そして何より野菜が植っている
現地を動画で疑似体験して!!

(学生を現場に連れて行くとなると、
単位の問題、交通費、
保険の手続きがややこしいんです。。)

これが結構、好評で、
課題に日々追われている彼らにも、
きちんと記憶に刻まれている★

この感覚は、
教室でたくさん写真を見せても、
なかなかイメージできない世界で、

全員がパソコンの前に座っている
ライブ授業だからこそ、
しっかりと伝わる方法論の一つ!!

YouTubeでは公開できないけれど、
授業中で見せるレベルであれば、
プリントアウトした
紹介ペーパーを片手に、
編集なしの一発録り★
(何テイクも同じことをするのは、苦手、、)

いつか、旅先や
淡路島の商店街や
福祉の現場から、

リアルタイムで学生とつながる
ライブ授業をしてみたーい★

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

こちらでもピックアップされています

教育機関「デザイン思考」講義、その他の登壇
教育機関「デザイン思考」講義、その他の登壇
  • 59本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。