新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

10月2日はOBPアカデミアでの「農福連携」アイデア創出ワークショップ

【10月2日(金)19時から、
OBPアカデミア(京橋)で
「農福連携」のアイデア創出の
ワークショップを担当します】

大人気のOBPアカデミアで
エネルギッシュに動き続けるジョンスさんから、

「障がい者福祉」をテーマに
連続ワークショップを
開催してほしーーーい!!と、

打診を受けてから企画をした
シリーズ第2弾!

 ※初回は伝統工芸との「伝福連携」

今回は、共に野菜・花・イタリア野菜などで、
取り組み続ける相棒である

「大阪市の都市農業担当の芝大輔さん」を
話題提供のゲストにお招きして、

行政から見た都市農業についてもお話いただきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

OBP花爛漫-土に触れ、花を活かす夜―
~“障がい者福祉”と“大阪市の都市農業”の連携物語~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と題した2時間の濃密な講義の
準備を進めております。

実際の花と土に触れる体験あり、
花の可能性を考えるアイデア創出ワークショップあり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年の春、新型コロナウィルスの流行が始まりました。

これにより、卒業式や入学式、結婚式や母の日が
止まってしまい、今まで農家さんが育ててきた美しい花は、
悲しいことに廃棄になってしまいました。

この状況は実は日本だけではなく、世界中で起こっていること。

そんな、花をどうすれば生かすことができるのか?
という課題解決のヒントとして、
障がいのある人たちと連携する
「都会版の農福連携」が今、注目されています。

今回のイベントでは、普段あまり触れる機会の少ない、
大阪市住吉区で育った花と触れ合う体験をしていただき(お土産あり)、
その上で花の素晴らしさをより広く知ってもらうための
「アイデア創出ワークショップ」を実施します。

◆開催日時
2020年10月2日(金) 19:00~21:00

◆料金
2,200円(花にちなんだお土産付き)

◆お申し込みはコチラ
https://obp-ac.osaka/event/5458.html?fbclid=IwAR3SeB4sxJ6UUItAyaBADPFboaOOLcorvN6BdST46DO9zhmHmW7qoabEQjI

来週の金曜日の夜!
もし、ご都合が合う方は、
お申し込みの上、是非とも
京橋のOBPアカデミアへお越しください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1
NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

こちらでもピックアップされています

障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」の挑戦
障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」の挑戦
  • 120本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。