くっ島ぎんちゃん

くっ島ぎんちゃん

    最近の記事

    Magic xpa 初心者のお勉強部屋 -6-

    <メインプログラムの手直し> 実行時のアプリケーションタイトルはメインプログラムのフォーム名で決まります。 この例では「くっ島サンプル」とします。 実行すると、このようになります。 その他には、"開始時の位置"を設定してもよいと思います。 メインプログラムのフォームは実行時の外側の枠になります。

    スキ
    2
      • Magic xpa 初心者のお勉強部屋 -5-

        <自分用のプロジェクト作成> ひな形用のプロジェクトから自分用のプロジェクトを作成します。 手順-1 ひな形プロジェクトをリポジトリ出力します。 手順-2 新規プロジェクトを作成します。 手順-3 リポジトリ入力します。 ※メインプログラムは上書き許可です。 手順-4 メニューリポジトリやコンポーネントリポジトリがダブってしまうので削除します。

        スキ
        1
        • Magic xpa 初心者のお勉強部屋 -4-

          <MSJトレーニングを受講して> Magic xpa を学習する近道は、やはりトレーニングの受講です。 まずは基礎トレーニングコースを受けます。 リッチクライアントを開発したい場合でも、最初は基礎トレーニングからです。 自習教材で独学も可能ですが、トレーニングに行く方が良いと思います。 それが終わったら、自分のマシンに開発環境を構築して色々試してみましょう。 社内に使えるプロジェクトがあれば、それを学習サンプルとして活用します。 社内に無い場合は、次のようなことを検討し

          スキ
          4
          • Magic xpa 初心者のお勉強部屋 -3-

            <MSJトレーニングを受講する前に> トレーニングでは小さな販売管理をテーマにします。 参加する前に最低限の用語は理解しておく必要があります。 少しでも社会人経験があれば問題ないと思いますが、以下、念のため書いておきます。 お客様に品物を売って、お金を受け取ることを考えます。 お客様のことを"顧客"(こきゃく)と表現します。 お客様から注文を受けることが受注です。 その逆に、購入のために、こちらから注文を出すことが発注です。 受注や発注の内容を記録したものを伝票と呼びます

            スキ
            2
            • Magic xpa 初心者のお勉強部屋 -2-

              <"RDB"の基本用語> "RDB"はデータを二次元の表形式で扱います。 こんな感じです。 この例では4行のデータがあります。 "RDB"では、行を"レコード"と呼びます。 また、列(項目)を"カラム"と呼びます。 "LOGIN_ID"や"LOGIN_PASSWORD"のことです。 そして、行と列を合わせた表全体を"テーブル"と呼びます。 次に"インデックス"について説明します。 "インデックス"は"索引"と呼ぶこともあります。 "SQL Server Manageme

              スキ
              3
              • Magic xpa 初心者のお勉強部屋 -1-

                <データベースって何?> データベースは、データが集まった基地のことだと思ってください。 通常、プログラムとは別の独立したものになっています。 "DB"(デービー)と呼ばれることもあります。 ついでに覚えておきたいのが、"DBMS"(デービーエムエス)と"RDB"(アールデービー)という言葉です。 "DBMS"はデータベースマネージメントシステムのことで、データベースを管理するソフトウェアです。 "RDB"はリレーショナルデータベースで、データを二次元の表形式で扱うもので

                スキ
                2