「岐阜市中央卸売市場業務条例」改正案、「直荷引き」と「第三者販売」を認め「商物一致原則」を撤廃する内容。

 2020年3月開催の岐阜市議会 定例会では、岐阜市中央卸売市場業務条例の改正が行われようとしています。

 「直荷引き」(卸売業者以外から買うこと)、「第三者販売」(仲卸業者と開設者が許可した買参人 [セリに参加する人] 以外への販売)を認め、「商物一致原則」(入荷物品は市場内で取引する原則)が撤廃されようとしています。

 上記以外には、せり人の試験制度と更新制度の撤廃、卸売業者が卸売業務以外の販売を行うときの届出不要、仲卸業務以外の販売を行うときの届出不要、卸売業者が卸売の相手方になる行為や仲卸業者及び売買参加者からの買受も可能との内容が含まれています。

画像1

画像2

■ 岐阜市の条例(第17類 中央卸売市場事業)
https://www1.g-reiki.net/gifu/reiki_taikei/r_taikei_17.html

■ 【岐阜市】卸売市場条例 改正の動きあり、「岐阜市中央卸売市場 再整備事業」PPP/PFI導入可能性及び参入意欲の調査も進行中。
https://note.com/gifu_water/n/n6ca8e2a8bca1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。水道民営化を阻止しましょう。
2
水道料金高騰、水質悪化を招く水道民営化を阻止し、社会的共通資本としての水道事業、水資源を守ろう。 自治体に「水道民営化をしない決議を求める請願」を提出し、賛同しない議員を選挙で落選させよう。 【Twitter】https://twitter.com/gifu_water
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。