6枚目

ベンチャーへの転職ってぶっちゃけ不安じゃなかった?

社員の皆さんにぶっちゃけトークを聞いてみました…! 


☆参加メンバー☆

奥迫さん:新卒でメーカー系SIに就職。その後ITコンサル系の会社を経てG&Iに入社。
道下さん:新卒でIT業界に就職、数社経験後、G&Iに入社。
山本さん:25歳でIT業界に入り、5.6社経験後、G&Iに入社。
玄野さん:G&Iディレクション代表取締役社長。前職は1700名規模の独立系SIにて営業部長。 

 それぞれの入社理由はこちら。

創業間もないベンチャー企業に入社することに対してぶっちゃけ不安はありませんでしたか?

奥迫さん
不安は多少ありましたが、そこまで強くはなかったです。
1社目のメーカー系SIerにいるときは安定感はありましたが、自分でなくてもできる仕事だったのと、ふってくる仕事をただ単にこなすという感覚が強かったです。
自分の成長実感やスキルが身についている感覚がなかったため、そっちの方が危機意識はありました。

山本さん
僕もそうですね。転職5連敗中だったので。(笑)
小規模だと自分のこれまでやってきたことが裁量を持って試せるんじゃないかと思いました。

道下さん
自分の意志でやりたいことをを愚直にやってみたいと思ってましたので、僕も怖くはなかったですね。

奥迫さん
今までの会社では、社内業務を優先していたので、もっとクライアントを見て仕事をしたいと思ってました。あと大手は年功序列の風土が嫌でしたね。年齢と共に裁量が広がるという感覚に成長スピードの遅さを感じていました。

山本さん
僕は5社経験してきましたが、1社目の企業が一番年収高かった。ただその後転職をするごとに年収が下がり続けました。理由は様々で、賞与が支払われないなど…今は小さいながらも自分のアウトプットで稼いでいるという感覚があるので、自分のスキルがクライアントのためになっているという感覚と自分のスキルが売上にダイレクトに繋がっているという感覚があります。

奥迫さん
あとは働き方が本当に自由です。もちろんやるべきことをやるということは前提にありますが働き方に関しては強制されませんし、あれやれこれやれもありませんし。

山本さん
前回もお話ししましたが、嫌な業務はないですし、Noと言える環境ですね。

7枚目

入社時にやりたいことは明確に決まっていましたか?

道下さん
ふわっとはありましたね。

奥迫さん
僕も何となくでしたがありましたね。
1社目のときに感じていた危機感のおかけで、周りの方を見て「こうならないように」と反面教師的に見ていました。

山本さん
僕はなかったですね。
ですので、やることは今までやってきた開発と同じことをやるので、であれば働く環境や適性に評価される環境に身を置きたいなと思っていました。 

奥迫さん
明確に「これをやりたい」というものは現時点でなくてもよいと思います。例えば、フェーズの話で企画、構想フェーズ~開発どれをやりたいか?ということだけでもよいです。当社は自分で選べる=意思決定の軸が自分ということが尊重されているので、これから見つけていくという感覚でも良いと思います。

玄野さん
そうですね、漠然とでよいです。この会社でやりたいことを探すという選択肢も一つだと思っています。 

山本さん
やりたいことがある方はやらせて(できる)もらえる環境ですし、現時点でやりたいことがなくても嫌なことはやらないと言える、言い換えればNoという選択と発言ができる会社だと思います。

転職希望者の方にどんなことを面談でお聞きしたいですか?

奥迫さん
なにをやりたいか?なにをやっていたか?なにをやりたくないか?などはお聞きしたいですね。
つたなくても良いので、今まで仕事をしてこられた経験や考えを聞いてみたいです。 

玄野さん
将来的にどうなっていたいか?抽象的でもよいのでそのあたりをお聞きしたいですね。
まとまっていなくても我々がこんな感じですか?と一緒にカタチにしていくような面談をしたいと思っています。

道下さん
面接っぽい感じにはしたくないですね。普段のような感じでフラットにお話ししたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
株式会社G&Iディレクションの日常と考え方を発信していくnoteです。是非気軽にご覧ください☆