見出し画像

2018年10月入社の原田さんにインタビューさせていただきました!


⬆️左で話しているのが原田さん!

今月入社された原田さんにこれまでの経験や転職理由などざっくばらんにインタビューさせていただきました!


まったくの異業界からエンジニアに挑戦

ーまず簡単なご経歴を教えてください
私は高校卒業して、クレーンの整備などを請け負っていた企業に就職をしました。一定の評価もいただいていましたが、ふとした時に漠然とですが自分が本当にやりたいことってなんだろう?と考えるようになり、次の転職先を決めないまま退職しました。

何ヶ月か考えた結果、もともとゲームが好きで、ゲーム開発などをやりたいなと思うようになり、システムエンジニア、プログラマーの職種に興味を持つようになったという感じです。エンジニアになろうと決めてからが早くて、未経験でエンジニアに挑戦できる企業を片っ端から訪問し就職活動しましたね。

もともと高卒ということもあったので本当に必死で。

縁あってSESをメインに事業展開している前職でお世話になることができ、そこから猛勉強しながらエンジニアとしての基礎や考え方を学びました。

上流工程に挑戦できるフィールドへ

ーありがとうございます。
それでは転職活動を始められた経緯を教えてください!

結果的に前職は10年ほど勤めましたね。

公共インフラ系の案件に長年関わったんですが、商流の多重化により下流工程の案件がメインであったため、お客さんとの直接的な折衝であったり提案であったり、要件定義などの案件がほぼなかったんです。
そのため、上流工程に挑戦できる環境に身を置きたいなということから転職活動を始めました。

ーG & Iディレクション以外ではどんな企業を志望されていたんですか?

そうですね、メインはシステムインテグレータが主ですね。上流工程に関われる企業は関西でもあまり多くない中、合致しそうな企業はいろいろと受けていました。
あとはフリーランスという選択肢も自分の中でありました。
人材エージェントの方ともお話しして、やっていける一定のイメージは持てていました。

ーG & Iディレクションとの接点はどういったものだったんですか?

もともとフリーランスになろうかと思っていたのですが、知り合いの方に相談したところーG & Iディレクションを紹介いただいた感じですね。
営業であったり、プロジェクトマネジメントであったり、上流工程案件の中で勉強するところがあると。
折角なので、お話しする機会をいただいたという流れです。

家族、仕事、キャリアすべてを満たせる環境へ

ーG & Iディレクションに入社を決められた理由を教えてください!
面談後、条件面の部分のみクリアできれば入社したいと思いました。家族もいるので、その点は重要だなと。
条件のすり合わせを何度か行っていく中で、社長はじめ社員の方々の真摯な対応に安心感を覚えた結果入社を決めました。

皆さん、ご家族もいる中やりがいを持って働かれている姿に共感を持ったというのも大きかったです。

ーありがとうございます。
原田さんもブログを読まれたと思うんですが、一番共感した記事ってどれでしたか?

私は入社承諾後に読んだのですが、社長の記事がおもしろかったですね。

裁量の大きさと言うんでしょうか。
面談時に実際の業務内容や役割などもお聞きしていたのですが、あの記事を見て確信を持った感じです。

なるほど、すべて繋がったと。笑
あとはこれですね。

家族もいる中で非常に参考になりました。

ー貴重なお時間をありがとうございました!

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
株式会社G&Iディレクションの日常と考え方を発信していくnoteです。是非気軽にご覧ください☆