見出し画像

【文鎮買取】

掛軸/茶道具/骨董品買取

骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の骨董品出張鑑定で福岡県飯塚市にお邪魔致しました。書道の先生のご実家で印材や和紙、墨などの美術品から紫檀の印材入れや硯箱まで沢山の買取をさせて頂きました。写真の書道具は文鎮です。古い中国の物で人気の高い美術品の一つです。文鎮は文房具の一つで、文書や紙類が動かぬように置く道具の総称。鎮紙(ちんし)ともいい、古くは書鎮(しょちん)(『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』)、卦算(けいさん)(界算とも。『日本釈名(にほんしゃくみょう)』)ともいった。一般に流布するものには、棒状でつまみのある金属製のものが多いが、重さがあれば小物でも用を足すため、古来多種多様の器物が利用された。鉄・銅などの金属をはじめ、石、象牙(ぞうげ)、玉(ぎょく)、紫檀(したん)、黒檀、陶磁、ガラスなど材質も豊富で、形状もさまざまである。硯山(けんざん)、印材、古銅印、鐔(つば)、矢立(やたて)などの転用品も多い。

骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具や文房具買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!