見出し画像

春の八甲田山を楽しんできました!

春の八甲田バックカントリースキーキャンプ[4月16日(金)〜18日(日)]

のレポートです。

毎年恒例、春の八甲田バックカントリーキャンプ。
今回も楽しいツアーになりました。

「バックカントリー」というシチュエーションも、日頃の練習の成果を発揮するチャンスの一つですよね。

スキーの上達、技術の習得は、何か目標があっての事。
ゲニース ナトゥーアのレッスン参加者の皆さんは、それぞれ、目標を持って日々レッスンに参加してくれています。

その目標、というのは、
誰かに評価されるのではなく、自分で「満足する滑りができた!」と感じる事です。

「バックカントリー」というスキー場のゲレンデとは違う自然の中でのスキーは、様々な状況に遭遇するので、日頃の練習の成果を試し、そして上達の度合いを自分で感じることができます。

画像4

今回ご参加くださったメンバーは、八甲田キャンプ常連メンバーに加え、
初めての八甲田、ほぼ初めてのバックカントリー、という中級レベルの皆さんにも、ご参加いただき、
ちょっと新鮮で、賑やかなツアーとなりました。

初中級レベルでも、ゲニース ナトゥーアでしっかり練習して、
あとはガッツがあればバックカントリーデビューできますので、
一緒に練習していきましょう!

自分のレベルでも参加できるの?と思っている方は、是非スタッフにご相談くださいね!!


さて、
週末のお天気はあいにくの雨模様でした。
風も強く、ロープウェーが運休してしまったりと、思うようにツアーに出かけられない事も多かったのですが、
そんな中でも満足できるツアーに案内していただきました!

画像1

天気予報では、
初日は唯一のいいお天気!

2日目、3日目がどうなるかわからないので、
半日ツアーでしたが、割と長いルートに連れて行ってもらいました。

短い距離ですが、シールを付けて歩くのが2回。
バックカントリー初心者には、シールの付け方や歩き方の練習になったのでよかったですね!

画像2

大きな斜面も2つ滑り、大満足の1日目でした。

画像3

画像11

2日目。
予報は少し変わり、午前中は雨はそれほど降りませんでしたが、
強風でロープウェー運休。
そんなんわけで、ロープウェーを使わずに、八甲田スキー場のゲレンデ上部からシールを付けて登っていくツアーに連れて行ってもらいました。

画像5

ロープウェー山頂駅のすぐ近くまで登り、そこから滑走するツアーでしたが、
思いの外、楽しめる斜面を案内してもらった為、
なんだかんだ言って、2日目も楽しいツアーとなりました。

画像6

ツアーの後は、ゲレンデにて、長谷先生によるワンポイントレッスンをしながら、
HEADのニューモデルを試乗してもらったり、と、
みなさん、楽しんでいただきました〜〜〜

午後は、時間がたくさんあるので、
いつも遠くて行けない「蔦温泉」まで足を伸ばしました。

画像7

そして、3日目。
この日も雨予報でしたが、
朝起きると、降ってない〜〜〜👏
ロープウェーも動きそうだったので、ツアーに出かける気満々で準備をしていたら、出発直前に激しい雨が・・・
そしてロープウェー、風でやっぱり運休。

雨が降ると、ツアーは中止です。

でも「滑りたい」欲求はなかなか消えませんよね〜

というわけで、
急遽、またスキーの試乗をしながら、長谷先生によるレッスン開始です。。。

皆さん、雨の中頑張りました〜〜〜

最終日ですが、飛行機の時間まではたっぷり時間があるので、
お昼ご飯を食べた後は、酸ヶ湯温泉へ。。。


思うようにツアーに出かけられなかったわけですが、
そんな中でも大満足のツアーと、試乗会的レッスン?と、温泉、そして美味しい八甲田山荘のご飯を満喫できた、最高の3日間でした。

画像8

画像9

画像10


お世話になりました、八甲田ガイドクラブ、八甲田山荘、そしてガイドの外崎さん、ありがとうございました。

また、今回はたくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございました!

来年も、冬と春の2回、計画しておりますので、
一緒に練習して、八甲田へ行きましょう〜〜〜



今日も、最後まで読んでいただきありがとうございます!
是非、下にある「スキ」(ハートマーク)を押してくださ〜い!ポチッとクリックするだけです。ログインしてなくても誰でも押せま〜す!よろしくお願いいたしまーす🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
越後湯沢にて、オーストリアスキーをベースにスキースクール活動をしている「GENIESSNATUR(ゲニースナトゥーア)」です。www.hase-ken.com