見出し画像

エッセイマンガ「古い価値観の呪いと私の夢」を読んで、感想と自分語り

ねとらぼ様の記事にこちらの漫画が紹介されていましたので読みました。

少し感想と自分語りをしたくなったので、書いています。
長文になりますと思いますし、自分語りが苦手な方はブラウザバックをよろしくです。

親の言葉の呪い

子供の価値観が親の言葉によって形成されることはよくある話だと思いますし、私自身そうでした。

私は一人っ子で、実家は私が大学に行くのに不自由が無いように、大学のそばに家を建てた・・・・というのは本当かどうかは今となっては定かではないですが、少なくともそう聞かされて育ちました。

大学は国立大学でそれなりにいい大学。
親は医者になることを勧めている。
そうでなくても、親と同じ会社に入ることを勧めている。
そんな実家でした。

私もそれが私の生きる道なんだろうなと思い、少なくと中学生ぐらいまではその道を歩んでいました。

怖くなったあの日

高校はそれなりに良い進学校に入り、まさに親の敷いたレールに乗っていました。

ただふと思ったのです。私のこれからの人生、いえ、生まれてから死ぬまでの人生。この田舎の半径1km以内で過ごすことになるのかと。

私は当時通っていた英会話の先生に相談した、と思います。東京に出たいと。あの家から逃げ出したいと。怖いと。
なぜ学校の先生に相談しなかったのかはわかりませんが、多分怖くなった瞬間一番近くにいた人が、英会話の先生だったのでしょう。

その日は英会話の先生に車で家に送ってもらい、親と少し話をしました。

その後はまぁ。漫画に書いてあるような感じですかね。親の怒号です。
母親には竹刀を持ち出されて「私を見捨てるのか!」って怒られました。

親との取引

その後、喧々諤々とした親とのやり取りが続き、落ち着いたのは、東京の某有名大学に一発合格するなら、この家から出ていい、ってことでした。

当時の私の学力、模擬試験の成績からしたらE判定。合格率20%未満の大学です。親からしたら
・こんな所に入れるはずがない
・仮に入れたら、周りに自慢できる
ぐらいを考えていたようです。

そこからは、ただひたすら勉強しました。高校3年間。
大学には無事入れました。ほんと、高校の先生からも、運が良かったと言われるぐらいギリギリの成績だったかと思います。

自分のやりたいこととは

ここからが、読ませてもらいました漫画とは大きく異る部分です。

親の言葉の呪いは、私から、自分の好きなことを見つける力すらも奪っていました。

趣味と言えるようなものも何も持たず、あるとすれば一人でファミコンとか遊ぶぐらい。まぁ今でもゲーマーなんですから、それはそれで趣味なんでしょうけどね。

でも一つ言えることは、大学に入って何を学ぶべきなのか、大学に入ってからすら見つからない日々でした。

親が奪ったもう一つのもの

それは、言葉の能力です。

私は親から、人とコミュニケーションをすることを制限されていたため、現在でも陥っている言語の発達障害になっていました。

当然大学でもコミュニケーションを取ることができず、授業にも孤立し、サークルなどにも入れず、つらい日々を送りました。

無いならば取り戻せばいいと思えるようになったのは大学3年生ぐらい

私は、自然言語処理という人工知能の一分野の門を叩きました。

言葉の能力がない?なら人工知能に私の言葉の能力の一部を任せればいい。そんな考え方だったと思います。

あれから現在に至るまで

もちろん、平坦な道はありませんでした。

大学の研究室では、言葉の能力が欠けていた私は英語の論文を書くことができず、未だに英語に関してはコンプレックスをもっています。こんな状態では論文発表なんてできず、研究室には残れません。

うつ病もかなり辛いのを引き起こし、未だに闘病中です。

ただ、少なくとも私の現状を理解できる少数の知り合いや、妻に出会えて、今の生活があります。

今は、フリーランスでプログラミングの作業を主軸とした仕事をしています。まぁ、こう言うと趣味を仕事にしてないんじゃないかと言われそうですが、プログラミングはゲームの趣味から派生した仕事と言えるかなと思っています。個人的には。

また、文字へのこだわりが趣味になり、自然言語処理を使った研究みたいなのを、趣味に使えるお金を使って個人開発していたりします。あとはフォントを作ったりもね。

DiscordなどのVCツールを使ってTRPGをするのも趣味になりました。言葉に難のある私が、言葉を使った遊びを趣味にするのも面白い話ですよね。


でもなんだろ

ようやくこの歳になって、青春を取り戻している気がします。

やりたいことをやれている気がします。

それを書きたかっただけの長文でした。ここまで読んでいただいた皆様、ありがとうございました。


あとがき

あなたが、引用した漫画で感じたことは何かありますか?もしよろしければそっと教えていただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ゲレ

サポートありがとうございます\\\\٩( 'ω' )و //// ペットのおやつが少しだけ豪華になります!

ありがとうございます\\\\٩( 'ω' )و ////
6
属性 ・フリーランスのプログラマー ・FF14プレイヤー ・フクロモモンガのオーナー ・既婚 ・孫がいます