「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【ガイブンキョウク】2月の課題本は、グザヴィエ・ド・メーストル『部屋をめぐる旅 他二篇』です!

海外文学に特化した読書会、ガイブンキョウク。

2月の課題本は、

グザヴィエ・ド・メーストル『部屋をめぐる旅 他二篇』

画像1

<課題本> グザヴィエ・ド・メーストル『部屋をめぐる旅 他二篇』(加藤一輝訳、幻戯書房)

<開催日時> 2022年2月24日(木)20:00~21:30

<開催方法> Zoom(オンライン)

<参加条件> 『部屋をめぐる旅 他二篇』を読了しておくこと

<参加費> 1000円

<ご予約> https://ajirobooks.stores.jp/items/61a6fc6ad5ffeb63ef14bb8f

上記ページでチケットを購入いただくと読書会への予約が完了します。購入の際に記入してもらったメールアドレスにZoomの参加URLなど読書会の詳細をお送りします。ご質問はajirobooks@gmail.comまでお願いします。

画像2

『部屋をめぐる旅 他二篇』(グザヴィエ・ド・メーストル、幻戯書房)

フランス革命の只中、18世紀末のトリノで、世界周游の向こうを張って42日間の室内旅行を敢行、蟄居文学の嚆矢となったグザヴィエ・ド・メーストル「部屋をめぐる旅」――その続編「部屋をめぐる夜の遠征」、および「アオスタ市の癩病者」の小説3篇と、批評家サント゠ブーヴによる小伝を収録。

【グザヴィエ・ド・メーストル】 1763年生まれ。サルデーニャ王国シャンベリ生まれのフランス語圏作家。反動思想家ジョゼフ・ド・メーストルの弟。本職は軍人のため寡作ではあるが、フランス革命下に自らの部屋を旅したという奇妙な旅行記『部屋をめぐる旅』によって名を残すほか、ジュネーヴの作家ロドルフ・テプフェールとの親交により、フランス国外のフランス語圏文学への着目を促したことも、文学史的に特筆される。後半生は主にロシアで暮らし、サンクトペテルブルクで1852年に亡くなった。