IMG_2737__2_加工

【雑記】この生が一度きりならば

2月中旬にドバイから帰国して以来、
「守る/守られる」関係についてよく考えます。
それは親と子の関係にも言えるし、男と女、
政府と国民のあいだにも相互に生まれるものでしょう。
言い方を変えるとしたら、たとえば「愛」だろうか。
それとも「依存」だろうか
(あなたは誰かに利用されることがそんなに怖い?)。
死者と生者、神と人間のあいだにも見えない道が通っている。

他人を信じることは、常に裏切られるリスクをはらみ、
誰かと結ばれた時点で「別れ」へのカウントダウンがはじまる。
わたしに毒を盛るのは、見知らぬ人ではない。
わたしとごく親しい誰かなのだ。
それでもいい、と身をさし出せるだろうか。

この生が一度きりならば、
他人の中に「自分」の存在を深く響かせたい。
自分の中にも深く「他人」を握っていたい。
地位や栄光で繋がるのではなく、深さにおいて出会いたい。
それはもちろん「書くこと」にも繋がる。

どれか一つを選ぶために苦しまなくてもいいのだ。
守るのは「自分」か「他人」か。
選ばなかったものは、すべて切り捨てるのですか。

「たくさん」を選ぶ勇気を持とう。
「ただ生きる」ことだって揺るぎない選択だと思う。

――2015年4月21日深夜

◎幻冬舎plusにて〈詩人のドバイ感覚紀行〉連載中です。
中東の商都ドバイで過ごした1ヶ月を綴っています。毎週(日)更新。

◎今更ながらask.fm始めました。何でも聞いてください。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭・サポートは、すこやかに書ける環境づくりに使っています。■詩作講座のお知らせ&(そこそこ最新の)掲載情報は、Twitterをご覧ください◎ https://twitter.com/luna_yumi

ひとときお付き合いありがとうございました♡
4
詩人☪18歳で中原中也賞|『臆病な詩人、街へ出る。』書籍化!▶︎https://amzn.to/2q3K4TF |詩集『わたしたちの猫』試読▶︎https://bit.ly/2Iue6Wt |『洗礼ダイアリー』▶︎https://bit.ly/1IAZn2v|告知はツイッター🕊

こちらでもピックアップされています

【作品・雑記】ここだけのお話
【作品・雑記】ここだけのお話
  • 42本

詩作品/エッセイ/書評ほか(note限定で公開)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。