日本の人事部『HRカンファレンス2021-春-』にて講演しました
見出し画像

日本の人事部『HRカンファレンス2021-春-』にて講演しました

 『人生100年時代、ミドルシニアが一歩を踏み出す セカンドキャリア支援施策のポイント』と題して、弊社の大桃・北村が講演いたしました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 セミナーの冒頭では、参加者の皆さまに、社内のセカンドキャリアのロールモデルについてお伺いしました。7割以上の方が「50代・60代の社内ロールモデルはいない」と回答され、セカンドキャリア形成の事例やロールモデルの少なさが共有されました。

スクリーンショット-2-2-2048x1380

 講演では、副業や学び直しにより、実際に組織の外に一歩を踏み出し、自律的なセカンドキャリア形成を実現された具体的な事例を基に、①ミドルシニアを取り巻く環境、②セカンドキャリア支援のポイント、③セカンドキャリア支援施策導入の最初の一歩、についてお伝えしました。

「働かないおじさん」「妖精さん」との言葉が生まれているように、「業務内容・成果と賃金が見合っていない」と見做される社員が40代・50代の半数以上、と社内評価の低さを示す調査結果が見られる一方で、「70歳を越えても働き続けたい」人が5割超とミドルシニアの意欲の高さが示されています。

出典:パーソル総合研究所(2021)『中高年社員、仕事で成果創出は全体の約20%――。「働かないおじさん」と言われないために【3/3】』
出典:アデコ(2019)『働くシニアの意識とシニアの雇用に関する調査』

 このギャップはもったいない。ここを埋める取り組みとして、当社プログラムのコンセプトである「学び」「仲間づくり」「実践」を基に経験学習サイクルを回すことで、次のアクションに繋がった事例を取り上げました。

画像2

 特に、「実践」の機会として、当社で設定している地方企業でのインターンシップについて、短い時間ではありましたが、参加者の声や、実際に受け入れて下さった地方企業の経営者の「最初は大手企業の人がなぜインターンシップに応募するのか分からなかった」「上から目線で話されるのではないかと心配していたが、これから先の未来を一緒に考えてくれて、嬉しかった」とのリアルな声をご紹介しています。

 「学び」が切り口になることで、ミドルシニアにとっても、地方企業にとっても、入り口のハードルが下がるんですね。

画像3

 一方で、ミドルシニア向け施策のハードルとして、経営層の理解と、予算の捻出があることも明らかになっています。

画像4

出典:パーソル総合研究所(2020)『企業のシニア人材マネジメントに関する実態調査(2020)』

 この施策導入のハードルを下げ、まずは社内のロールモデル作りをご一緒したいとの考えにより、弊社セカンド⁺キャリア研究会と、トライアルセッションについてもご案内いたしました。

 個別に詳細をご案内しておりますので、ぜひお問合せください。

————————————————————————————————
ふるさとみつけ塾の最新情報はこちらのFacebookグループにて随時お知らせしております。
ぜひお気軽にご参加ください。
https://www.facebook.com/groups/3208518529244044
————————————————————————————————

▼あわせて読みたい!おすすめ記事はこちら▼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
何歳になっても「好きな場所でワクワク働きたい」方のために、地域での生活と仕事体験を提供するセカンドキャリア支援プログラム「ふるさとみつけ塾」を運営しています。 HP:https://dialogueforeveryone.com