見出し画像

ぎっくり腰と四十肩。

もう10年くらい前のことだろうか。

人生で一度だけ、ぎっくり腰になったことがある。世の中にそういうものがあることは知りながら、とくに気に留めないまま生きていた30代前半のあるとき、突如それが発症した。ぼくのそれはたいそう重症だったようで、救急車で搬送されて数日の入院を要するほどひどいぎっくり腰だった。

ぼくは主治医を問い詰めた。世間では、たくさんのひとがぎっくり腰になっていると聞く。でもこんな痛みをみんなが耐え、それをぎっくり腰のひと言で片づけているとは到底思えない。これはぎっくり腰ではないのではないか。もっと重篤な、ナントカ筋が断裂した的な、おそろしい外傷ではないのか。……主治医の診断は、あくまでもぎっくり腰だった。


さて、そのぎっくり腰が肩を襲ったとしたら、あなたはどう感じるだろうか。

四十肩である。あるいは五十肩である。

先週の木曜、目覚めとともに襲ってきたこの症状。痛みのあり方から診断への疑念まで、あのときのぎっくり腰と瓜二つなのだ。

そういうものがあるとは知っていた。しかし、こんなに痛いものだとは思いもしなかった。中年のぼやきくらいに受け止めていた。腕が上がらない。押したり引いたり持ち上げたりの動作にも激痛が走る。シャンプーしたり、服に袖を通したりするのも決死の覚悟で、日常生活に支障をきたすどころじゃない。そして鍼灸院やカイロプラクティックに行ってみても「典型的な四十肩」と診断される。おかしいじゃないか。みんなこの痛みに耐えて年老いていくなんて、あんまりにもつらいじゃないか。世間の中年たちは、もっと大騒ぎしていいんじゃないか。大騒ぎしたいぞ、おれは。この痛みには。


えー、すみません。しばらくぼくは「痛てっ!」とか「あいたたたっ!」とか絶叫しながら暮らすことになりそうですが、別にかまってほしくてやってるわけではなく、ほんとのほんとに痛いだけなんです。

ああ、年をとるって面倒だなあ。

教祖猫を噛む。
99
ライター。バトンズ代表。著書・共著「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp

この記事が入っているマガジン

ふむふむnote
ふむふむnote
  • 27本

なるほど…ふむふむ…。と興味深く読ませて頂き参考になったnoteを集結致します。

コメント (5)
私もお邪魔します!
noteに籍をおいてはじめてのコメントで
しかも「嫌われる勇気」の著者さんとは!!
noteスゴイです!!ドキドキしてます。
肩の痛みは、、、本当に辛いですよね、、、
作家さんの宿命のような症状だと思います。
安静が一番の敵かもしれません、、
40肩で肩を痛めると、50肩にもなりやすいのでお大事にして下さい。
50肩は辛く、仰向けに寝ることすら出来ません。最近老化をシミジミ感じています。温活で体を温め、筋トレや体操で日頃からコリをほぐし、鍛える事が大切だと思い知りました。
四十肩、五十肩は、ほんとうに謎の症状で、わたしもところでも長年迷宮入りしていました。
わたしが謎と思う点の1つは、こんなに痛いのに、治療してもしなくてもピッタリ1年で治ってしまう点。何かのメッセージなら、人によって理解の差があるはずなので、期間は人それぞれのはず。
もう1つは、なぜ40代と50代?
そして、自分が50代になって、なぜ今まで迷宮入りしていたのかが分かりました。
それは、50代にならないと見えてこないテーマでした。
因みに、それが分かったところで症状は軽くはなりません。
ただ、なぜ軽くならないのかが見えただけです♪
私も学生時代に腰椎を骨折する事故に遭いそれ以来30年間腰痛に悩まされてきました。
それがある日、ある時間をきっかけに「ピタッ!」と腰痛が消失しました、それは母が入退院を繰り返していた時に親戚の人が見舞いに来て「一度霊媒師に見てもらったら?」と高名な霊媒師を紹介された時、半信半疑で霊媒師の元を訪れたのですが、私を見るなり「貴方腰が痛いでしょう!それは水子の祟りですよ。」と言われびっくり!
「えっ?そうだったの?」と妙に納得した結果その時を境に腰痛が完全に消失!
後々調べてみると「認知行動療法」の最たるもので、慢性疼痛の多くは脳が作り出した幻想!痛みの原因を全く違うものに置き換えて治ったと錯覚させたり、慢性痛のメカニズムを認識させたりして治療する方法で、ペインクリニックでよく使われてる療法のようです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。