見出し画像

開いていることば。

小野島大さんの note で知った、UQiYOという3人組ユニット。

一聴してそのまま iTunes でアルバムを購入。以来、仕事中ずっとリピートしながら聴いている。

こちらは、元ちとせさんを迎えてのミディアム・ナンバー。これが、ものすごくいいのだ。そして最新ミニアルバム『Black Box』が、全曲すばらしい。

インタビューを読むと「ダークな方に振り切った」とのことなんだけど、実際に内省的な雰囲気を持っているんだけど、なんというか「開いている」のだ、内省的なはずの、その音が。たぶん、これからずっと追いかけて、聴いていくことになるユニットだと思っている。


最近、「閉じていること」と「開いていること」の違いを、よく考える。

閉じていることば、開いていることば。
閉じている音、開いている音。
閉じているサービス、開いているサービス。


きのう公表された、東京糸井重里事務所の「夢に手足を。」ということば。

これはほんとうに、開いていることばだ。

このたった5文字のことばひとつで、いくらでも考えが膨らむし、いくらでも遊んでいられる。「意味」を押しつけられることなく、それぞれの人が、それぞれに解釈して、そのぜんぶが正解だったりする。

開いているか、閉じているか。

これは個人的に、長い時間をかけて考えていくべきテーマだと思っている。

毒を食らわばサラダで。
40
ライター。バトンズ代表。著書・共著「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp

こちらでもピックアップされています

お気に入り2
お気に入り2
  • 102本
コメント (1)
私もこの曲、震えました。UQiYO生音も本当にすばらしいので、機会があったらライブもぜひ!因みにnoteもやってくださってます。https://note.mu/uqiyo
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。