「女性を性的に扱うこと」を巡る議論はなぜいつも平行線になってしまうのか

おっぱい募金にしろ、のうりんポスターにしろ、「女性を性的に扱うコンテンツ」に関する議論が噛み合わずいつも平行線になってしまうのは、「今この国で性的な表象(特に女性の)をどう扱うか」という問題の難しさ、その本質を浮き彫りにしているなあと思う。

というのも、まず大前提として「女性の体を客体として消費すること(A)」それ自体は、本来ならいいことでも悪いことでもないニュートラルな事象にすぎないと俺は思うのです。特に、その体の持ち主である本人の主体性と自己決定に基づいていれば、誰が文句を言う筋合いもない。

別にこれは女性に限らず、男体も女体も、どんなジェンダーであっても、本来は「これエロいなー」「これ萌えるよねー」と、お互い自由に消費し合っていいはずなのです(もちろん、実際に搾取や侵害といった被害の及ばない限りにおいて。ここでは「消費」と「搾取」は区別するという立場に立ちます)。

ただ問題は、現在の日本で「男女に不均衡があり、Aがあまりにも当たり前のこととして世間に溢れている(B)」せいで、恐怖や脅威、嫌悪を感じている女性が多い(中には直接的・具体的な侵害や搾取の被害を被っている人も少なくない)ということ。

つまり、この「ひとつひとつの個別のAそのものに悪の原因や非の責任があるわけではないが、その総体として形成されているBという空気が女性を脅威にさらしている」という状態が、議論を非常に複雑でわかりあえないものにしていると思う。

俗に「フェミ」と括られる人たちが性的コンテンツを問題にするとき、決して「A自体をなくせ」と主張しているわけではなく、「Aが当たり前に蔓延することでBの空気に加担していることを自覚し、配慮してほしい」という意味で批判している場合が多いと思う。でも、そもそもBの空気を問題だと認識できない人たちには、「Aが悪だというのか」「Aをやめろというのか」と短絡的に受け取られてしまう(だから「フェミは性嫌悪なだけだ」などと言われる)。

実際、Bの責任を個別のAにつきつけてAをなくすのは無理筋なのも事実だとは思う(おにぎりマネージャーを賛美する風潮は批判できるが、マネージャーになることを選んだ彼女本人の意志は批判できない、というのと似ている)。だけど、それだといつまでもたってもBという状況は改善されない。

とはいえ、Aがどうなれば「Bがなくなった(男女の不均衡が解消された)」と言えるのかは、まさに「空気」「感覚」の問題なので判断が難しいんですよね。あえて雑な言い方をすれば、「これまで傷付いてきた女性の受け止め方が変わるまで」としか言いようがなくなってしまう。

ひょっとして、男性社会に加担している側の人(あるいはアンチフェミ)にとっては、男女の不均衡が完全に逆転でもしない限り、際限なく彼女たちの溜飲は下がらないのでは?という疑念・懸念があり、それがBの問題を彼らに受け入れにくくさせている本音の理由なのではないかという気もしています。

ゾーニングで隠れてさえいればいいのか。申し訳なさそうな態度をとれば許されるのか。Aそのものがよくないのか(それを誰が判断していいのか)。私たちはマジョリティによる抑圧は悪だと思っているが、ある欲望や消費のあり方が適切か不適切かのジャッジもまた、それによって傷付いたという人の数の多さや声の大きさ(すなわちマジョリティかどうか)で決まってしまうのではないか。決めてしまっていいのか。

結局、個別のAが適切か否かについては、安易な白黒はつけられず、すべてはグレーであることを受け入れた上で、そのつど検証するしかないわけですが、それだけでは一向にBという状況が変わらないという問題を、誰がどう変えていけばいいのか。どうにか建設的で包摂的な議論が進まないものかと思います。

(それとは別の論点として、性産業などにおける女性の主体性や自己決定がどれだけ守られているのかという議論もあると思うのですが、俺はこれ、もはや女性とか性産業とかに限らず、人間の主体性や自己決定なんてものがどこまでアテになるのかって問題に踏み込んでしまう気がして口を出せないでいます。特に恋愛やセックスに関しては、たとえば子どもや知的障害者は性的自己決定権を正しく使えないので、なんらかのパターナリスティックな線引きで保護しなきゃいけないというのにはもちろん賛成なのですが、じゃあ定型発達の成人どうしであっても、性的自己決定権が正しく使える状態の人としか恋愛・セックスしちゃいけませんとなった場合、現状かなりの人がアウトになるんじゃないかと思うんですよね。そしてそれは、男女の不均衡や権力勾配の問題以前に、なにか人間という生き物の脆弱性のような気がしてしまうのです)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

289
編集&ライター。「週刊SPA!」の編集者やってます。構成に参加した本に、田中俊之・山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』、プチ鹿島『芸人式新聞の読み方』、松尾スズキ『現代、野蛮人入門』など。ご依頼は fukusuke611@gmail.com まで

この記事が入っているマガジン

性とか恋とか愛だとか
性とか恋とか愛だとか
  • 7本

恋愛、性愛、男女、ジェンダーに関する問題に、良い/悪い、正しい/正しくないではなく、男としての実感から考えたい。

コメント (11)
このノートに対する答えはシンプルです。Bは男女の社会的不均衡から生まれているものではなく、男女の本能的差異から生まれているものなので、Aを是正することでBを解消しようとするアプローチは必ず失敗します。100%必ず、です。そしてAもBも男女の本能的差異から生まれている以上、単なる不快レベルの話は無視するのが最適解です。むろん秋葉原の巨大エロ看板やコミケのエロ紙袋などは規制されるべきものなのでしょうが、その境界線は明白に言語化できるはずですし、きちんと言語化しなければ、宇崎ちゃんポスターや少年誌のグラビアなど特に問題がないものまで規制しようとする動きを止めることはできないでしょう。大事なのは誰かが傷つくなどというお気持ちではなくルールです。
ライターが自分で自分の手を縛るということを書くのは頭おかしいのでは?あと一線をふみこえないという思い込みはどういう根拠によるものかと 空気できめるのではなく ここまできたら厳密言えば検閲を始めた方がいいのではと
男も性的な搾取に使われることがある。
性的なことをなんでも悪と考えるのは、どうかと思う。
性産業は一大産業だし、性犯罪を大きく減らしていると思う。

女の社会進出が進んで、疲労が溜まるようなら、男に性的な搾取すれば良いんじゃない?

風俗で働いてる女と、風俗に通う男の気持ちを考えて欲しい。
それを、関係ないやつが、冷やかしかのように、叩くのであれば、それはフェミニストなんかじゃない。

特に風俗で働いてる女の気持ちになってほしい。性的搾取を貶すことで女の地位を下げることにもなるからね。
>いうのも、まず大前提として「女性の体を客体として消費すること(A)」それ自体は、本来ならいいことでも悪いことでもないニュートラルな事象にすぎないと俺は思うのです。

この感覚違うのかな
男女関係において対等なはずというスタンスはニュートラルでも、異性に対して恥ずかしいとかいうのは違う。

「sexをスポーツと思え」と言われると、なんか違うと思う感覚といっしょですかね。
だから平行線というより、センシティブ
センシティブだから価値がある。

フラットに見ようとするから、平行線なんだと考えます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。