見出し画像

温泉はいいよなぁ

・突然、変なおじさんみたいなタイトルから失礼。今回は、ひたすら温泉の魅力を語ってみたいと思う。温泉はいいよなぁ(CV:変なおじさん)。

・温泉の何が良いのか。その答えは無数にあり、人によって異なり、正解はない。よって、ここから書くものは全て持論であり、見方によっては極論なのかもしれない。それでも温泉を楽しむ一抹の参考になれば嬉しく思う。

・私にとって温泉とは「極楽」だ。生前の行為(こうした文芸活動を含む)が神の目線から是と評されるのであれば、私は死後、温泉に滞在し続けてみたい。「楽の極み」と書いて「極楽」。極楽を味わう時空間ポテンシャルが、温泉というコンテンツからコンコンと湧いているように思える。

・「湯を浴びんとて裸形(はだか)になるは、天地自然の道理、釈迦も孔子も於三も権助も、生まれたままの容(すがた)にて、惜い欲いも西の海、さらりと無欲の形なり。(浮世風呂大意 式亭三馬より)」この文面に象徴されるように、温泉では老いも若いも俗も聖も全てが裸になる。そこ(裸空間)に順列優劣格差は存在せず、生き物として平等たる関係性が許されるのだ。

・憂き世の絡まりあった関係性から逸脱し、束の間の独り身を楽しむ異世界としても温泉は優れている。アナログ物理だけでなく、デジタル電波にも網羅された現代から離れられるのは、本当にもう温泉くらいしか逃げ場がないのではなかろうか。脱衣所に携帯類持ち込み禁止の御触れがあるのは、そういう意味がある。

・社会的な回復効果の他に、温泉には本来から有する幾つかの効能がある。温熱による代謝促進、リラックス効果によるストレス改善、便秘や皮膚病、肩こり冷え性etc…。挙げればキリがない。とにかく、温泉による心身の回復効果は絶大だ。温泉とは、人を救うという意味で、お医者様のような存在だとも思う。

・よく考えると温泉はスゴい。地球から滲み出た熱湯が、たまたま生まれた人類にとって好影響で、それを掛け流しで日常的に浴びることができる。この環境の整い方自体が奇跡だし、この組み合わせに生物として該当できたことは贈与だと思う。そしてそれを認識し、創意工夫の上で活用できる温泉マニアは幸せ者だ…と、少し平均とは距離のある思考だと俯瞰しつつも滔々と考えが巡ってしまう。

・温泉が好きな人も、そうでない人もいる。それでも私は「温泉はいいよなぁ(CV:変なおじさん)」と宣い続けて死にたい。世界各地に存在する温泉マニア各位と見えない源泉で繋がりながら、湧き出る温泉愛をドバドバと掛け流しながら日々を生きている。そんな日々が愛おしい。温泉はいいよなぁ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございます! サポート頂いた際に「○○(ユーザー名)は◎◎(マガジン名)を応援しています」とメッセージを入れて頂いた場合、該当マガジンの新記事内にて「○○様、サポートありがとうございます」と紹介させて頂きます。

日記マガジン #七転八倒録 もよろしくね
30
信州産イラストライター。長野県在住。マガジンにて #春夏秋冬論 (随筆) #七転八倒録 (日記) #信州見聞録 (考現学)など毎晩8時に更新中。Mail:yamaoide@gmail.com

こちらでもピックアップされています

#春夏秋冬論 (随筆)
#春夏秋冬論 (随筆)
  • 245本

平成生まれの視点で徒然と書き綴るエッセイやコラム。有り体に言わないところの持論の文集。その時々にしか感じ得ない思索の提示。振り返った時に色鮮やかな正弦波が描かれていますように。四季のように思想は移ろいます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。