見出し画像

下着窃盗の刑事事件① はじめに

弁護士 福地海斗

 本日から下着窃盗の刑事事件について書いていきます。
 今回は概論です。

1 下着窃盗とは?

 下着窃盗は窃盗罪に当たります。
 窃盗罪は財産に対する罪です。
 一方、下着窃盗は性犯罪としての側面もあります。

2 住居侵入罪との関係

 住居侵入をした上で、下着窃盗をするケースが多いです。
 そのため、窃盗罪だけでなく、住居侵入罪も成立する場合が多いです。

3 刑事処分の例

 下着窃盗の刑事事件について、いくつか処分の例を挙げます。

・不起訴
 示談の成立等により、不起訴となることがあります。
 不起訴となった場合、前科が付きません。
 
・罰金
 罰金刑を科せられることがあります。
 正式な裁判を経て罰金刑となることもあれば、略式手続で罰金刑となることもあります。
 略式手続については以下の記事をお読みください。

・執行猶予
 
・刑務所への収容

4 ご不安な方はお問い合わせください

 ご不安な方はお問い合わせください。
 弊所では初回の法律相談のみのご利用も可能です。
 お気軽にご相談ください。

 弁護士法人福地海斗法律事務所
 弁護士  福地 海斗(第二東京弁護士会所属)
 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階
 電話:03-6202-7636


弁護士 福地海斗
弁護士の福地海斗です(第二東京弁護士会所属)。お気軽にご相談ください。 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階 電話:03-6202-7636 https://fukuchikaito-law.jp/