見出し画像

【FUKKOツイート旅】 岡本至恩さん in 伊豆大島

テラスハウスで有名!モデルや俳優として活躍する岡本至恩さんが、FUKKOツイート旅「#2020ここは行くべき14都県 」に参加。1日伊豆大島1周弾丸ツアーに挑戦してくれました!

伊豆大島へは、東海汽船のジェット船で最短1時間45分。東京・竹芝客船ターミナルより朝8時10分の便で出向です!

10時15分、岡田港に到着!

初めての大島に興奮気味の岡本至恩さん。この日の気温、およそ10°。まだ肌寒く、上着は手放せない季節です。
到着港は、元町港と岡田港のどちらか当日に決まるので、出発前に要確認です。ただ、バスなどの運行は到着港に合わせてくれるので安心です。

まず岡田港から元町港まで移動しました。

元町港はグルメスポットがいっぱい。「寿し光(すし)」で郷土料理「べっこう寿司」を食べました。べっこうは、島とんがらしを使ったピリッとした醤油ベースのタレにつけてあって、べっこうの甲羅に似ていることから、その名がついたようです。新鮮な魚にピリ辛と甘めの酢飯が絶妙のハーモニーです。

元町港にある「Book Tea Bed」さんで、四駆バギーをレンタル。島一周の旅に出発です。」さんで、四駆バギーをレンタル。島一周の旅に出発です。

バギーで目指すは裏砂漠。日本で唯一「砂漠」と表記されている場所です。

伊豆大島のシンボル三原山のふもと、一面に黒い砂漠が広がる絶景スポット「裏砂漠」を、バギーで走り回る!至恩さんのコメントからも、楽しさが伝わります!

裏砂漠から南へ。波浮港を通って「地層大切断面」へ。

大島の火山噴火の歴史を刻んだ「地層大切断面」。800mに渡って地層が剥き出しになっていて、大迫力の絶景です。

四駆バギーで島一周完走!

岡田港に戻って15時30分の船で東京へ。滞在時間、4時間45分で、大島の大自然とグルメを楽しめ、心もリフレッシュできた、岡本至恩さんのFUKKOツイート旅でした!

2月はFUKKOツイート旅で、インフルエンサーが続々と14都県を訪れているので、 #2020ここは行くべき14都県 を検索して、ぜひ旅の様子をご覧ください。
皆さんのツイート参加もお待ちしております。

#伊豆大島 #岡本至恩 #四駆バギー #裏砂漠 #FUKKODESIGN #FUKKOツイート旅 #2020ここは行くべき14都県

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
「⺠間ビジネスの力を結集して新たな”復興”をつくる」を活動テーマに、様々な活動を行っていきます。 https://fukko-design.jp/