見出し画像

[漫才] ラーメンの注文の仕方(当て書き:サンドウィッチマン)

#オチの直前まで無料

#オチを予想してお楽しみください(8文字)

富澤たけし:食べ物の中でラーメンが一番好きなんですよ

伊達みきお:ラーメンはうまいですよね

富:昨日もラーメン屋に行ってきまして…

伊:おっ!いいですねぇ。何ラーメン食べたんですか?

富:食べてないです

伊:ラーメン屋行ったんでしょ?

富:行ったけど,ラーメン食べてないです

伊:なんでだよ。食べ物の中でラーメンが一番好きなんでしょ?

富:ラーメンが一番好きです

伊:で,昨日ラーメン屋に行ったんでしょ?

富:昨日ラーメン屋に行ってきました

伊:で,ラーメン屋で?ラーメンを?

富:食べてないです

伊:だからなんでだよ

富:どうもうまく注文が言えなくて,あきらめて食べずに帰った

伊:「ラーメンの注文がうまく言えない」っておかしいでしょ。「あきらめて食べずに帰った」っていうのもおかしいし。ラーメンが一番好きなんですよねぇ

富:「好きだからこそ言えない」みたいのあるじゃないですか

伊:なんだその恋心みたいなの。初恋か!

富:コンディションによってはうまく注文できない日もあるでしょ

伊:ないわ!

富:お前はプロだからだろ?

伊:プロってなんだよ。ラーメンを注文するプロってこと?そんな奴いないわ!

富:難しいんですよ注文の仕方が

伊:難しくないでしょ。テーブルの上のボタンを押せば来るでしょ,店員が

富:来なかった

伊:押したのに?

富:押してない

伊:押せよ

富:なんでだよ

伊:押さなきゃ来ないんだよ

富:なんで押さなきゃ来ないんだよ

伊:押したら来るシステムなんだから,押さなかったら来ないシステムなの

富:あ〜システム上の問題ね

伊:そんな大層な話じゃないんだよ。だいたいなんで押さないの?

富:「ご注文がお決まりになりましたら押してください」って言われたから

伊:決まらなかったの?

富:迷っちゃって

伊:何と何で?

富:ラーメンか寿司

伊:なんだって!?

富:だから…ラーメンにするか寿司にするかで迷ってたの

伊:何と何で迷ってんだよ!

富:だから…ラーメンにするか寿司にするかで迷ったって言ってん…

伊:ラーメン屋だろぉ〜!! お前が入ったの

富:ラーメン屋だよ

伊:だったらラーメンだろうが!

富:なんでお前が決めるんだよ。俺の注文を

伊:そのラーメン屋は寿司もやってんのか

富:そんなラーメン屋あるわけないだろ(笑)

伊:分かってるわ!

富:だったら聞くなよ!

伊:なんだこのトラップ。とにかく,ラーメンにするか寿司にするかっていうのは店に入る前に考えるべきことなの

富:入ってから迷っちゃダメなの?

伊:ダメだよ。ラーメン屋に入ったんならいさぎよくラーメンだろ

富:えぇ~チャーハンがいいよぉ〜

伊:チャーハンならありなんだよ!!

富:チャーハンはいいの?

伊:いいよ

富:だったら寿司だって…

伊:ダメだよ

富:どっちも米なのに?

伊:原材料の問題じゃないの。ラーメン屋に置いてないだろ寿司は

富:置いてあるものだったらいいの?

伊:いいよそりゃあ

富:じゃあ「ラーメンとメンマどっちにしようかなぁ〜」って迷うんならいいってことね

伊:いいけど……「ラーメンとメンマどっちにしよっかなぁ~」って迷って「メンマにしよ!」っていうことはないからね

富:なんでだよ。あるかもしれないだ…

伊:ないわ!

富:だから難しいって言ってんの

伊:何が?

富:チャーハンはいいけど寿司はダメとか,ラーメンとメンマは迷ってもいいけどメンマを選ぶことはないとか,注文のルールが難しいんですよ

伊:別にこれルールじゃないからね。もう〜じゃあラーメンの注文の仕方を1から教えるから,いいだろそれで

富:最初からそう言えよ

伊:なんで上から目線なんだよ。教えてもらう立場なのに

富:で,どうしたらいいの?

伊:まずラーメン屋に入ったら,席に座る

富:空いてる席に?

伊:当たり前だろ。誰かが座ってる席にどうやって座るんだよ

富:相席勧められる事もあるでしょ

伊:「相席」っていうのは,同じテーブルの空いてる席に座るってことで,一つの椅子に二人で座るってことじゃないから

富:昨今は

伊:昔からだよ!「昨今」って言うな。とにかく…メニューを見て何ラーメンにするか決める

富:急に寿司食べたくなったら?

伊:我慢だそこは。寿司を食べたいという気持ちと戦え

富:戦いに負けたら?

伊:……。その時はすぐに店を出て寿司屋に行け!「寿司を食べたい」というお前の気持ちは本物だ!

富:かっこいいなお前

伊:いいからそういうの。で,もしその戦いに勝利したら,何ラーメンにするかを決めてボタンを押す

富:何回?

伊:1回だよ

富:2回押したら店員が2人来ちゃうからね

伊:来ないわ

富:2回押したことあるの?

伊:ないよ

富:だったら2人来るかもしれないでしょ

伊:絶対来ない!

富:言い切れるのかよ。やったこともないのに。世の中に絶対なんてないからね

伊:あ〜分かった分かった。来るかもしれないな。ボタンを100回押したら100人の店員が来るかもしれないよね

富:ちょっと何言ってるのか分からない

伊:あ〜もう〜とにかく…ボタンを押したら店員が来るから,その人に「味噌ラーメンください」とかなんとか言えば注文完了。分かった?

富:醤油ラーメンがいいよぉ〜

伊:だったら「醤油ラーメンください」って言え!

富:醤油ラーメンください!

伊:俺に言うなよ

富:誰に言うんだよ

伊:店員にだよ

富:すみませ~ん。醤油1つ。麺は固めで,油多め。トッピングは煮たまご2つにチャーシューとのり。もやしはサービスで大盛りにしてもらえる? にんにくはなしでね…このあと仕事あるから。それから…

伊:ちょっと待て…

富:なんだよ。邪魔するなよ。今注文してんだから

伊:お前プロなの?

富:なんのだよ

伊:ラーメンの注文のだよ

富:ラーメンの注文のプロなんてないだろ(笑)

伊:お前が言い出したんだろ,「ラーメンの注文のプロ」って。うますぎるんだよ,ラーメンの注文の仕方が

富:ラーメン好きならこれくらい普通だろ

伊:でも「昨日ラーメン注文できなかった」って言ってたろ

富:だからそれは,コンディションが悪くてできなかったんだって

伊:なんなんだよ,ラーメンの注文のコンディションって。「注文できずに食べずに帰った」って嘘だろ。お前昨日食べただろ。醤油ラーメンを

富:◯◯◯ないよ。昨日は◯⚪︎◯◯◯にした

#オチを予想してお楽しみください

この続きをみるには

この続き: 9文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。単体購入の約半額で購入できます

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。オチを予想してお楽しみください。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせてい…

または、記事単体で購入する

[漫才] ラーメンの注文の仕方(当て書き:サンドウィッチマン)

漫才作家ᶠᵗ藤澤俊輔

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

【落ち屋】「オチひとつ」「どれにします?」「最後まで見せてよ」「見せたら売れないんで…」「見て落ちてたらサポート弾むから」「『どんなオチだろう』というわくわく感も込みでどうです?」「わくわくさせといて落ちてなかったら?」「コメントに書いてください。そうすれば落ちます」「◯◯がね」

フットボールアワーの漫才に登場するもっとも硬いピノの名前は?
2
普段の会話を漫才にします。ストーリーがあってオチが綺麗な一生使える本格派掛け合いしゃべくり漫才台本。永久無料のアフターケア付。夢はギャロップの専属漫才作家

こちらでもピックアップされています

藤澤俊輔の「漫才台本」
藤澤俊輔の「漫才台本」
  • 100本
  • ¥10,000

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。オチを予想してお楽しみください。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際のコンビのネタではありません。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます

コメント (1)
オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます

これはフリー台本ですので自由にお使いいただけますが,サポートしていただけると活動を続ける上でとても助かります。よろしくお願いします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。